トーンモバイル Tのスマホ 新スマホ「TONE」発表

スポンサーリンク

トーンモバイルが、新しいスマートフォン「TONE」を発表しました。

「安心できないところがないスマホ」を目指し、端末からサービスまで垂直統合スタイルでの提供を掲げています。

価格

トーンモバイルは4月30日、Androidスマートフォン「TONE」を発表。

スマホと、ドコモのMVNO回線契約がセットとなって、スマホの本体価格は2万4000円(税別)。

回線契約の初期費用は、3000円。

4月30日から同社のオンラインストアで予約受付を開始して、

5月5日からはSHIBUYA TSUTAYAを皮切りに、7月までにTSUTAYAの12店舗で順次販売を開始。

トーンモバイルとは?

トーンモバイルは、フリービットとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の合弁企業で、

3月1日にフリービットから「freebit mobile」事業を分割して誕生した企業。

TONEは、フリービットグループとCCCグループの戦略的資本・業務提携を具体化した初の製品で、

端末からサービス、そしてCCCグループのサービスまで、垂直統合で提供する。

 

端末は、フリービットが開発したAndroidスマートフォン「PandA」3rd Lotがベース。

TONEやTSUTAYA関連のサービスアプリの追加など、ソフトウェア面でのカスタマイズが施されている。

月額1000円で運用できる

料金は月額1000円。

料金には、容量無制限のパケット通信、IP電話サービス(050番号)、tone.ne.jpドメインの電子メール、

SMS、サポートサービスが含まれている。

ただし、パケット通信は通常時で500~600kbps程度の通信速度。

動画の視聴には1Gバイトあたり300円の「高速チケットオプション」を利用する必要がある。

オプション一覧

オプション名 料金(税別)
3G音声オプション(MNP対応) 953円/月(初期費用1500円)
高速チケットオプション(1Gバイトあたり・31日に2回までチャージ可) 300円/回
フラットパックオプション(高速チケット1回分+IP電話通話料1260円分) 500円/月
安心オプション(破損・盗難時の見舞金支払い+公衆Wi-Fiオプション) 500円/月
TONEファミリーオプション 無料(保護者がTONEを契約していない場合は200円/月)

Tポイント

CCCグループと連携する「Tのスマホ」としては、

端末代金・月額料金200円に対して1ポイント、Tポイントが付与される。

2015年10月からはTポイントを支払いに利用できるようになる予定。

また、TSUTAYAの店舗でCDとDVDをそれぞれ月1枚、無料でレンタルできるサービスも提供する。

 

通話&メールのみ使用して、格安で維持したい人にはおススメですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪