2015年1~3月 スマホ世界シェア サムスンがAppleを抑える

samsung_big
スポンサーリンク

米国の市場調査会社IDCは、

2015年第1四半期(1~3月)におけるスマートフォンの世界出荷台数を発表。

Samsung Electronicsが、Appleを2000万台以上引き離す8240万台を出荷しシェアを戻した。

しかし、前年同期比ベースで出荷数は減少。

Appleはシェアこそ落としたものの前年同期比4割増の出荷を記録。好調を維持した。

Appleは好調

2015年第1四半期(1~3月)におけるスマートフォンの出荷台数、

Samsung Electronics(サムスン電子)が、Apple(アップル)を引き離し、シェア24.5%を記録した。

世界スマートフォン市場におけるSamsungのシェアは、従来シェア30%台を誇ってきたが、

2014年4~6月期に急減し、20%台へと転落。

2014年10~12月には、iPhone6/同6 Plusを発売したAppleと出荷台数で60万台差に迫られていた。

2015年第1四半期(1~3月)におけるスマートフォンの出荷台数

2015年第1四半期(1~3月)におけるスマートフォンの出荷台数
メーカー名 2015年1~3月
出荷台数
2015年1~3月
シェア
2014年1~3月
出荷台数
2014年1~3月
シェア
前年同期比
増減率
Samsung Electronics 8240 24.5% 8850 30.70% ▼7.00%
Apple 6120 18.2% 4370 15.2% 40.0%
Lenovo 1880 5.6% 1260 4.4% 49.2%
Huawei 1700 5.0% 1350 4.7% 25.9%
LG Electronics 1540 4.6% 1230 4.3% 25.3%
その他 14170 42.1% 11780 40.8% 20.3%
合計 33650 100.0% 28850 100.0% 16.7%
出荷台数の単位は万台 (IDCの資料から作成)

 

今回、IDCが発表したリポートによると、

Samsungの出荷台数は、前四半期よりも730万台増えて、8240万台となった。

Samsungは2015年3月に、フラッグシップの「Galaxy S6」「同S6 edge」を投入しているが、

四半期末の発売であり、出荷台数の増加要因は、「新興国向けのミドルレンジ/低価格機での出荷増によるもの」(IDC)と分析している。

サムスンは?

一方、シェア2位のAppleは、前四半期比1330万台減の6120万台の出荷でシェア18.2%となり、

首位サムスンとの差は広がった格好だ。

ただ、中国市場などで堅調に出荷数を伸ばしており、前年同期比では、40%増と高い成長率で出荷台数を伸ばした。Appleとしては好調を維持しているといえる。

逆に、Samsungの出荷台数は、前年同期比ベースでは、7%減。シェア上位5社では唯一、マイナス成長となっていて、苦戦傾向は続いている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪