UQ mobile 格安SIMの購入方法 解説

スポンサーリンク

格安SIMの購入方法、設定について解説していきます。

今回は、au回線を利用できる数少ないMVNOサービス「UQ mobile」で詳細を解説。

UQ mobile

MVNOは、大手キャリアのように全国で大規模なショップを持っているところは少ない。

オンラインストアや量販店で販売しているところが多い。

 

UQ mobileは、MVNOとしては数少ないauのネットワークを利用したサービス。

格安SIMといえば、ドコモのネットワークを利用したところがほとんど。

料金

毎月の料金は、データ通信のみなら、月980円で3Gバイトまで利用できる「データ高速プラン」。

通信速度は500kbpsで、月1980円で使い放題の「データ無制限プラン」がある。

それぞれ、月700円を追加で支払えば、090や080番号の音声通話も利用可能。

 

データ高速プランは、受信最大150Mbpsの高速データ通信を月額980円で毎月3Gバイトまで利用可能。

3Gバイトもあれば、十分ニーズ満たせる。

防水の「KC-O1」と大画面の「LG G3 Beat」

SIMカードのほかに、スマートフォンもセットで販売している。

京セラの「KC-01」(2万9760円税別)と、LGエレクトロニクスの「LG G3 Beat」(3万4800円税別)。

 

 

京セラは、コンパクトなボディと防水・防じん性能、LG G3 Beatは5型の大画面と操作性の良さが特徴。

LG G3 Beatは、端末のカラーがブラックかホワイトから選べる。

春の格安スマホデビューキャンペーン

UQ mobileの端末を新規で申し込むと1万円キャッシュバックという大変お得なキャンペーンを実施中!

2015年3月6日~5月31日まで。

SIMカードを差し替えでも使用可能

UQ mobile向け以外の端末でも利用可能。

SIMカードのサイズはmicroSIMとnanoSIMを用意している。

Android端末を利用する場合には、APN設定が必要になります。

セット販売しているKC-01とLG G3 Beatは、APN設定をする必要がなく、SIMカードを挿すだけで使えます。

APN設定

APNとは「Access Point Name」。

APN設定をしないと、SIMカードを挿しただけでは通信できない。

自分で用意したスマホでUQ mobileを使うには、このAPN設定が必要になる。

 

APNはAndroidスマートフォンの「設定」→「その他の設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」→「+」などから手動で設定できます。

UQ mobileのSIMカードや端末は、どこで購入可能?

ヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店で購入できます。

通信速度

サクサク通信できる。

通信速度は時間帯や場所によって変わるが、だいたい下りで10Mbps近く~20Mbpsほど。

UQ mobileで利用できるauのLTEネットワークの人口カバー率は99%。

人口がある程度いる場所なら、つながらない、ということはまずない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪