ソフトバンク ヤマダ電機と資本業務提携で販売力強化、新規市場開拓へ!

スポンサーリンク

ソフトバンクは、5月7日にヤマダ電機との業務提携を発表。

5月25日付けでヤマダ電機が第三者割当増資を行い、ソフトバンクが株式5%分を227億6100万円で引き受ける。

ソフトバンク、ヤマダ電機は以前より協力関係に

ソフトバンクとヤマダ電機は、PC用ソフトやインターネット接続サービス、端末・アクセサリーの販売などを協力してきた間柄で、

今後の少子高齢化やサービスの普及で、国内通信サービス市場の成長が緩やかになると見込み、

ヤマダ電機の店舗網を活用した販売力の強化、

ソフトバンクの通信事業・自然エネルギー事業・ロボット事業とヤマダ電機のスマートハウス事業を組み合わせた、新規市場の開拓を目的に業務提携を決定した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪