格安SIM MVNO プラン最安はどこ?

20130713113355
スポンサーリンク

4月1日より、MVNO事業者の多くが料金プランを改定。

料金を据え置いて高速通信可能なデータ量を増やした事業者もあれば、

データ量を据え置いて料金を値下げする事業者もあった。

 

auのネットワークを利用する「UQ mobile」と「mineo」がプラン改定を発表。

ドコモのネットワークを利用する「hi-ho LTE typeDシリーズ」も、より安価に使える新プランを発表。

このような状況の中、最安のデータ通信用SIMはどのサービスなのか?

hi-hoとDMMが最安

現在、auのネットワークを使うMVNOサービスは、ケイ・オプティコムの「mineo」と

、KDDIバリューイネーブラーの「UQ mobie」。

 

価格は税別表記。

mineo

5月1日から基本データ容量(高速通信容量)を「2Gバイトコース」は3Gバイトに、

「4Gバイトコース」は5Gバイトに増量。

料金は据え置きで、3Gバイトコースが月980円、5Gバイトコースが月1580円。

6月1日からは、より通信量の少ないユーザーに向けた「500Mバイト」コースが新設。

料金は月700円。au系MVNOでは最安。

UQ mobile

5月1日から「データ高速プラン」において、高速通信容量を月間2Gバイトから3Gバイトに増量。

「データ無制限プラン」でキャンペーンも実施。

料金は据え置きで、データ高速プランが月960円で、データ無制限プランが月1980円。

ハイホー

ドコモのネットワークを使うMVNOでは、ハイホーの「hi-ho LTE typeDシリーズ」で、

5月1日から高速通信容量を2Gバイトに設定した「エントリーコース」を用意。

SMS非対応のSIMが月770円、SMS対応のものが月910円(770円+SMSオプション140円)。

DMM mobile

LTE通信(150Mbps)を利用できる7プランで最安を記録(1Gバイト:660円/月、2Gバイト:770円、3Gバイト:850円/月、5Gバイト:1270円/月、7Gバイト:2040円/月、8Gバイト:2140円/月、10Gバイト:2250円)

日本通信

「b-mobile SIM 高速定額」は、月1980円で下り最大150Mbps/上り最大50MbpsのLTE通信が使い放題

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪