ワイモバイル Nexus 6 スペック 価格

スポンサーリンク

2014年12月発売、Nexusブランドのスマートフォン「Nexus 6」。

ワイモバイル、Googleストアで販売されている(端末自体はともにSIMフリーで同等)。

 

契約が不要なGoogleストアでは、入手しにくい状態が続いていたが、

「1~2営業日以内に出荷」の表示に変わってきているのと、

ワイモバイルでもMNPでの契約ならば、「月額割引」の設定で、比較的安価に使いやすい状況にある。

今が購入しやすい時期なので、狙っている人にはチャンスですね!

スペック

Nexus 6の主なスペック
メーカー Motorola Mobility
ディスプレー 5.96型有機EL
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 約82.98×159.26×10.06mm
重量 約184g
CPU Snapdragon 805 2.7GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB or 64GB
外部メモリー ×
OS Android 5.0→5.1
対応バンド GSM:クアッドバンド
W-CDMA:バンド1/2/4/5/6/8/9/19
LTE:バンド1/3/5/7/8/9/19/20/28/41
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz、MIMO対応)
カメラ画素数 リア:13メガ/イン:2メガ
バッテリー容量 3220mAh(交換不可)
防水/防塵 ×/×
カラバリ クラウドホワイト、ダークブルー

 

 

CPUはクアッドコアで2.7GHz動作のSnapdragon 805、

64bit化された最近のオクタコア搭載機と比べるとやや劣るが、ハイスペックなのには変わりない。

 

カメラは、光学式手ブレ補正機能を持つ13メガ。

ディスプレーは、WQHD解像度(1440×2560ドット)の有機ELを採用。

 

OSはすでにAndroid 5.1にアップデートされている。

夏モデルからはAndroid 5.0搭載機が増えてきたが、今後も最新OSをすぐに使えるという安心感は大きい。

バッテリー容量は3220mAh、画面も大きいだけに持ちはそこそこ良い感じ。

価格

Googleストアで32GB版が7万5170円、64GB版が8万5540円。

ZenFone 2のように高性能でありながら安価で、LTEの対応バンドが多い端末。

デザイン

Nexus 6は、Nexusブランドでは初めてMotorola Mobilityが担当。

6型(5.96型)ディスプレーを採用し、横幅は83mmの大型端末。

iPhone 6 Plus(77.8mm)も大きく上回るサイズだが、

背面が大きく湾曲した特徴的なデザインのために意外に持ちやすい。片手操作は困難。

 

 「Android 6.0 Marshmallow」へバーションアップ

ワイモバイルは、10月14日に同社が販売しているAndroidスマートフォン「Nexus 6」を対象とした「Android 6.0 Marshmallow」へのOS

バージョンアップについて発表した。

 

最新ソフトウェアは、Android 5.1.1(ビルド番号:LMY48T)を利用しているユーザーへ順次配信。更新後のビルド番号は「MRA58K」とな

る。ダウンロードはLTE/3G、Wi-Fiで行える。

なおソフトウェア更新中は携帯電話の各機能を利用できなくなるほか、以前のバージョンへ戻すこともできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪