ファーウェイ Ascend Mate7 スペック 価格

スポンサーリンク

2014年12月に発売されたSIMフリー端末の「Ascend Mate7」。

6型液晶を搭載、4万円台の価格ながら高い性能で人気がある。

中国企業として初めて94位にランクイン

ファーウェイは、スマートフォンのみならず、ルーターなどの各種端末で年間500~600万台を販売している。

地元中国はもちろん、世界的にブランドとなっておりInterbrandのブランド調査では中国企業として初めて94位にランクイン。

スペック

高さ

157 mm

81mm

厚さ

7.9mm

重さ

約185g

オブシディアン・ブラック / ムーンライト・シルバー

Android™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI

Hisilicon Kirin 925 オクタコア 1.8GHz / 1.3GHz

RAM 2GB / ROM 16GB

容量4100 mAh (一体型)

約6インチ フルHD (1920 x 1080) 368ppi, IPS-NEO™液晶

アウトカメラ:1300万画素 BSI, AF

インカメラ:500万画素 BSI, FF

受信時 最大:300Mbps(LTE)※1

送信時 最大:50Mbps(LTE)※1

LTE : B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B19/B20/B40

WCDMA : B1/B4/B5/B8/B19

GSM : 850/900/1800/1900MHz

Bluetooth通信:v4.0(V3.0互換)

Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n Dual-Band

テザリング機能/最大接続台数:8台

NFC搭載

SIMカード:Micro SIM

SDカード:microSD( 最大32GB)

測位方式: GPS/GLONASS/A-GPS

デザイン

『Ascend Mate7』は95%以上金属でできており、内部構造は優れた放熱性能を持つ強いアルミニウム合金で構成されている。

パフォーマンス

オクタ-コアアーキテクチャを誇る『Ascend Mate7』は高度な処理能力を持つファーウェイKirin 925チップセットを搭載。

カメラ

背面に1300万画素カメラを備え、SONYの4世代BSIセンサーとf/2.0 の開口部により薄暗い場所での写真などがよりきれいに撮影できる。

500万画素の前面カメラには業界をリードする5P非球面の広角レンズを採用。

より高い解像度が得られ、画像の歪みも軽減。

LTE Cat6対応

最速のLTE Cat6を備え最高300Mbps※1の下り速度を誇る『Ascend Mate7』は、30秒以内にHD画質の映画を一本ダウンロード可能。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪