ASUS ZenFone 2 カスタマイズレビュー UI編!

スポンサーリンク

スマートフォンのUI(ユーザーインタフェース)は、各メーカーの特色が色濃く反映される要素の1つ。

注目度の高い『ZenFone 2』のUIが気になるところなのでチェックしていきます。

ホーム画面

ZenFone 2はOSにAndroid 5.0(Lollipop)を採用。基本操作はAndroid 5.0に準じている。

 

スリープ時に画面を2回タップすると、ディスプレイが点灯し、ここからロックを解除する。

ロック画面には「カメラ」「電話」「メッセージ」のショートカットが並び、

アイコンをスワイプするとロック解除と起動を同時に行える。

ショートカットの表示は「設定」→「ロックスクリーン」→「クイックアクセス」からオン/オフできるが、

上記3つ以外のアプリをショートカットに設定することはできない。

 

タスクキーを押すと最近使用したアプリ一覧が表示され、

「ピン」アイコンを押すと、直前に表示していた画面を固定できる。

通知バーは1本の指でスワイプすると通知のみが表示され、

いったん指を離してもう一度スワイプすると「クイック設定」が表れる。

最初から2本指でスワイプすると通知とクイック設定の両方が表れる。

クイック設定は16個の設定が表示され、ほかの項目にも変更できる。

 

プリセットされているホーム画面「ASUS Launcher」には、非常にきめ細やかな設定が用意されている。

ホーム画面を長押しすると、「ホーム画面の管理」というメニュー画面が表れ、

ここからアプリやウィジェットの配置、壁紙、アイコンのデザイン、ページが切り替わる際のエフェクト、テーマなどを変更できる。

テーマは初期状態の「ASUS ZenUI」のほか、6種類を用意しており、うち4種類は追加でダウンロードすれば無料で利用できる。

 

「ユーザー設定」からは、アイコンやフォルダのデザイン、ホーム画面のフォントサイズ/色/種類の設定までできる。

 

文字やアイコンを大きく表示する「簡単モード」や、使用するアプリや着信相手、使用時間を決められる「キッズモード」も用意されている。

アプリ一覧

アプリ一覧にもさまざまな設定が用意されている。

「スマートフォルダー」では、自動でカテゴリーごとにアプリをフォルダにまとめてくれる。

アプリを多数利用している人に便利な設定。

アプリを起動する際にパスワードの入力が求められる「Lock apps」や、

特定のアプリを非表示にする設定も用意されている。

1画面に表示するアプリの個数は3×3から5×5まで7種類から選べる。

ホーム画面のユーザー設定→「Lock appsの設定」からは、アプリのロックを解除する時間も選べる。

ASUSカスタマイズ設定

「設定」内にある「ASUSカスタマイズ設定」では、タスクキーに割り当てる機能、

スクリーンショットのファイル形式(JPEGかPNG)、第1回で紹介した片手モード(クイックトリガー)、

手袋をしたままタッチパネルを操作できる「手袋モード」、

クイック設定(通知バーに表示されるショートカット)などの設定が可能。

 

スクリーンショットは通常、ボリュームキーの下+電源キーを押して行うが、両手を使う必要がある。

しかしASUSカスタマイズ設定で、タスクキーにスクリーンショットを割り当てれば、

タスクキーを長押しするだけでスクリーンショットが撮れる。

ほかに、タスクキーの長押しでサブメニューを表示させることもできる。

ツール系ASUSのオリジナルアプリ

メール、カレンダー、ブラウザ、ギャラリーなどの基本的なものはもちろん、

「クイックメモ」「やることリスト」「ファイルマネージャー」「天候」「懐中電灯」、

インカメラを用いた「ミラー」、ファイルを送信できる「Share Link」、

PCをワイヤレスで操作できる「Remote Link」、ZenFone 2の画面をPC荷表示できる「PC Link」などを用意。

必要十分なアプリがそろっている。

細かい設定をいかに使いこなすか

ZenFone 2は、設定内容が多すぎて、すべてを使いこなせる人がいるのかは疑問に思うところ。

同じ設定でも複数の入口が用意されているのは、発見しやすくなるという意味では分かりやすいかもしれないが、

逆に複雑にしている感もある。

ZenFone 2を使い始めたら、設定をいろいろいじってみて、自分なりのカスタマイズで試してみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪