2014年度の国内携帯電話端末出荷台数がフィーチャーフォンのみ前年比増 解析

yu_nokia
スポンサーリンク

MM総研は、5月14日に2014年度通期(2014年4月~2015年3月)の国内携帯電話端末における出荷台数調査結果を発表。

MM総研が発表した2014年度通期の国内携帯電話端末出荷調査によれば、総出荷台数は前年比3.9%減と3年連続で減少しているが、フィーチャーフォンの出荷台数は7年振りに前年度を上回った。

フィーチャーフォンとスマートフォンでは

フィーチャーフォンとスマートフォンを合計した総出荷台数は前年比3.9%減の3788万台となり、3年連続で減少。

スマートフォン

スマートフォンのみの出荷台数は2748万台と前年度比7.2%減となり、こちらも2年連続で減少。

フィーチャーフォンのみプラス域

フィーチャーフォンのみの出荷台数は1040万台と前年比6%増となり、2007年度以来7年振りに前年を上回った。

メーカー別総出荷台数

2014年度のメーカー別総出荷台数シェア1位はアップル、2位はシャープ、

3位はソニーモバイルコミュニケーションズ、4位は京セラ、5位は富士通と前年同様。

スマートフォンの出荷台数も1位がアップル、2位がソニーモバイルコミュニケーションズ、

3位がシャープと前年から変化なし。4位は京セラ、5位はSamsung。

MM総研の予測

2015年度の総出荷台数は前年度比0.6%増の3810万台、2016年度は3970万台、

2017年度は3800万台、2018年度は3760万台と予測。

2015年度以降、出荷台数規模を左右するポイントにはSIMロックの解除と格安スマホ/MVNOサービスの台頭を挙げている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪