キャリア別 データ定額・料金を解析!

docomo-au-sb_1
スポンサーリンク

ドコモ

(すべて税抜) ドコモ「カケホーダイ&パケあえる」
基本プラン 2700円 カケホーダイプラン
ISP料金 300円 spモード
データ定額 2GB 3500円 データSパック
5GB 5000円 データMパック
8GB 6700円 データLパック
10GB 9500円 シェアパック10
15GB 1万2500円 シェアパック15
20GB 1万6000円 シェアパック20
30GB 2万2500円 シェアパック30

 

ドコモの新料金プランは家族間での通信量の分け合いが基本。

分け合いは10GB以上のデータ定額で可能。

通信量を受け取る側のデータ定額は「シェアオプション」として、月に500円を支払うだけ。

月2/5/8GBの「データパック」は個人向けのデータ定額。

 

月2GBのデータSパック以外では、余った通信量を「パケットくりこし」として、翌月に1GB単位で持ち越し可能。

長期ユーザーに対して、データ定額に直接の割引(「ずっとドコモ割」)がある。

au

(すべて税抜) au「カケホとデジラ」
基本プラン 2700円 電話カケ放題プラン
ISP料金 300円 LTE NET
データ定額 2GB 3500円 データ定額2
3GB 4200円 データ定額3
5GB 5000円 データ定額5
8GB 6700円 データ定額8
10GB 8000円 データ定額10
13GB 9800円 データ定額13

 

auの新料金プラン「カケホとデジラ」のデータ定額は、月2/3/5/8/10/13GBと段階が細かい。

ドコモのようなデータ定額の家族分け合いはない。

家族間で通信量をプレゼントしあえる「データギフト」が提供されている。

 

auは旧プランの選択も可能。

音声定額が無い分、基本使用料が安くなる。

しかしソフトバンクも同様だが、旧プランではデータ定額は月7GB(「LTEフラット」)しかない。

通話はよくするけど月7GBも要らないよという人は、新プランで通信量が少ないデータ定額を選べば、

これまでとほぼ同じ金額にすることが可能。

ソフトバンク

(すべて税抜) ソフトバンク「スマ放題」
基本プラン 2700円 通話し放題プラン
ISP料金 300円 S!ベーシックパック
データ定額 2GB 3500円 データ定額パック 小容量
5GB 5000円 データ定額パック 標準
10GB 8000円 データ定額パック 大容量(10)
15GB 1万2500円 データ定額パック 大容量(15)
20GB 1万6000円 データ定額パック 大容量(20)
30GB 2万2500円 データ定額パック 大容量(30)

 

旧プランと新プランから選べる。

毎月の料金に割引が発生する「月月割」もともに適用。

新プランの「スマ放題」は、家族間での通信量分け合い(「家族データシェア」)も可能で、

こちらはドコモとほぼ同内容。

 

「データくりこし」はデータ定額の余った通信量を100MB単位で翌月に持ち越して利用可能というもの。

さらにデータ定額の通信量2GBボーナス(最大3ヵ月)、

家族で複数回線契約時のデータ定額の割引などが用意。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪