AQUOSケータイ「SH-06G」 AQUOS Kとの比較解析

mv_02
スポンサーリンク

NTTドコモは2015年夏モデルとして、

Android OS搭載の折りたたみ式フィーチャーフォン「ドコモケータイ」2モデルを発表。

シャープの「AQUOS ケータイ SH-06G」を比較解析してみる。

フィーチャーフォンの最新モデル

SH-06Gは、シャープのドコモ向けフィーチャーフォンの最新モデル。

 

本体デザインは、前モデルとなった「SH-07F」をほぼ踏襲しているが、数値上はわずかだが少し大きく、重い。

スペック

スペックを見ると、カメラが500万画素など、今時の端末としてはやや寂しい。

前モデルのSH-07Fもコスト重視の構成になっていたため、実はスペック的な違いはほとんどない。

おサイフケータイやLTE/VoLTE、Wi-Fiに対応しないのも前モデルから踏襲している。

LINEをプリインストール

ソフトウェア的にはAndroid ベースになっているが、

外見上は通常のフィーチャーフォンと見分けがつかないのもF-05 Gと同じ。

インターフェースもdocomo Palette UIではないようだが、十字キーやソフトキーを多用する操作感は、

完全にフィーチャーフォンと変わらない。

 

アプリとしてはLINEを搭載しており、スタンプを含めてほぼフル機能として利用できる。

これ以外のアプリを追加登録できない点もF-05Gと共通。

 

F-05GのブラウザやLINEではマウスモードに搭載しているが、このときに十字キーを押すのではなく、

上で指を滑らせてタッチパッドのように使える「タッチクルーザーEX」を搭載。

全体的な搭載アプリ等はF-05Gとほぼ共通だが、特に動作が重かったりということもなく、

ごく普通にフィーチャーフォンとして使えるレベル。

AQUOS Kとの比較

ハードウェアスペックを見ると、カメラ機能などはSH-06Gのほうが劣るが、

それ以外の点については(無線部を除いて)共通している項目が多い。

Android部分としては、AQUOS KもSH-06Gも、ほぼ同じ。

 

ターゲットとなるユーザーも、AQUOS Kはスマートフォンよりのユーザーであるのに対し、

Androidドコモケータイでは通話がメインのないユーザー。

そのため、AQUOS KではLTEやWi-Fiといった技術を積極的に採用しているのに対し、

SH-06Gでは通信には3Gのみ、おサイフケータイなどの機能もオミットするという仕様。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪