LINE機種変更での移行方法 完全版 トーク履歴の復元も可能

スポンサーリンク

スマホの機種変更のデータなどの移行作業。

意外と知られていないですよね。

LINEも機種変更時にメールアドレスの登録をすれば、新端末へもアカウント情報は引き継げる。

トーク履歴などを移行も可能です。

icon256

引き継ぎ可能な情報

友だち、グループ、プロフィール情報、グループのノート情報、ホームの投稿、タイムラインの内容。

再ダウンロードが必要なデータ

購入したスタンプ、着せかえ、各種LINEゲームなど関連アプリ。

同じOS間なら引き継げるデータ

購入したスタンプ、着せかえ、各種LINEゲームなど関連アプリ。

 

注意点

新アカウントの作成はNG。アカウントを新しくすると、情報が引き継げなくなる。

メールアドレスの登録

メインメニューから、その他→アカウント管理→メールアドレス登録で、アドレスを入力。

認証番号をコピー

登録したアドレスに4桁の認証番号が送られてくる。

この認証番号をコピーして再度LINEアプリに切り替える。

認証番号の入力

送られてきた4桁の認証番号を入力して移行のための登録を完了する。

これで新しい端末への移行準備完了。

トーク履歴を保存

OSが変わると、トーク履歴は引き継げない。

ただしテキストとしては残せるので、バックアップを取っておく。

LINEユーザーログインを選択

新しい端末にLINEアプリをインストールしたら、

新規登録ではなく、LINEユーザーログインをタップして進める。

メールアドレスを入力

古い端末で登録したメールアドレスとパスワードを入力して、

確認を選択。

そのあとで4桁の認証番号を入力する。

古い端末では使えなくなる

アラートが表示され、これ以降は古い端末でLINEが使えなくなる。

トークのバックアップなどはあらかじめしておく。

スタンプなどの再ダウンロード

友だちなどのリストはこれで引き継げているので問題なし。

購入したスタンプなども全部まとめて再ダウンロード可能。

アプリもインストール

LINE関連のアプリやゲームは、

移行後ダウンロードして起動させれば、データも引き継がれ機種変前と同じように使える。

最後にトークの書き戻しはPCを使って行なう

バックアップしたトークの書き戻しは、PCを使って行なう。

Androidは、決まったフォルダーにバックアップデータをコピーして書き戻す。

一方iPhoneは、iTunesのバックアップ機能を利用する。

Androidの場合

バックアップしたトーク履歴をLINE_Backupフォルダーに保存して、インポート。

iPhoneの場合

旧端末のバックアップをiTunesで暗号化をオンにして行なえば、復元可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪