カシオ 自動作曲アプリ「Chordana Composer」が凄い! iPhone用アプリ 

スポンサーリンク

たった2小節のメロディーを鼻歌で歌うだけで、楽曲を1曲、丸ごと作成してしまう。

カシオ計算機のiPhone用アプリ「Chordana Composer」が人気です。

どうやって、2小節のフレーズから楽曲を作り上げているのか?

casio_chordana_composer_main

鼻歌を歌うだけで、曲が1曲完成

作曲はできないけれど、曲を作ってみたい。

そんな願いを実現してくれるのが、カシオ計算機が1月にリリースしたiPhone用アプリ「Chordana Composer」。

これは、たった2小節のフレーズを入力し、曲のジャンルと曲調を選ぶだけで、

フレーズをもとにメロディーや伴奏を自動的に作成、1本の曲を作り上げてしまうというアプリ。

フレーズの入力は鍵盤を用いるだけでなく、マイクから入力することも可能。

つまり鼻歌を歌うだけで、曲が1曲完成してしまう。

Chordana Composerの人気度

Chordana Composerは、配信後1週間が経過した2月1週目には、

App Storeの「ミュージック」カテゴリの有料アプリランキングで1位、

総合、有料アプリランキングでも2位を記録するなど、配信直後から高い人気を獲得。

ミュージックカテゴリの有料アプリランキングで3位を記録するなど、今でも高い人気を維持している。

作曲方法

アプリを利用するには、まず最初にフレーズを入力(鼻歌の録音、またはピアノ鍵盤による演奏)し、

どんな風に仕上げたいのか、曲のジャンルや曲調を設定する。

アプリには、人間が自然な音階と感じる音符の接続ルールや、

コード進行などのデータベースが収録されており、入力フレーズをもと曲の骨組みと言えるモチーフを生成。

そこに曲調ごとのリズムとテンポ、そして伴奏や間奏を付け加えて作曲する。

 

人間が聴いて自然と感じるメロディーには音符の接続ルールがあり、

それはキーとコード進行によって決まってくる。

アプリは曲調ごとの「らしい」コード進行や接続ルールを元に、

独自のアルゴリズムによってモチーフからイントロ、Aメロ、Bメロ、サビといったメロディーを構成し、

伴奏を作り上げていく。

ユーザーが入力するフレーズはもちろん、楽曲のジャンルと曲調、

そしてメロディーの動きの大きさやテンションなど、いくつかのパラメーターが大きく影響してくる。

音符が苦手な人でも簡単に作曲できる

完成した曲はアプリ上の五線譜にも表示され、音符を直接タップして編集することもできる。

その際に譜面を見ると、赤や青で表示された音符が出てくる。

これはメロディー内の音がコードに合っているのか、

テンション(和音を構成する音以外で緊張感を与える特徴的な音)なのか、

あるいはコードから外れるため利用に注意すべき音(アボイドノート)なのかを判別して表示されるもの。

この仕組みがあることによって、音符が苦手な人でも、簡単にかつ音を外すことなく編曲ができる。

 

Chordana Composerが“2小節で作曲できる”とうたっているのは、

最初のバージョンではマイクによる入力が2小節までしか対応していなかったことが大きい。

だが現在ではマイク機能が改善されたことで、

設定を変更して入力できるフレーズが1~8小節まで変更できるようになった。

ということで、1小節のフレーズだけでも作曲が可能。

自然な形で自動作曲を実現したのに加え、一見すると複雑に見えるという複雑な仕組みを、

手軽に利用できるよう設計しているのも、Chordana Composerの大きなポイント。

鍵盤だけでなくマイクから音声を入力できるだけでなく、作曲を開始してから、

曲が完成するまで待たされることなく、瞬時に曲を楽しめるようになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪