ガラケーの未来解析 3大キャリアの対応を比較

docomo-au-sb_1
スポンサーリンク

5月19日、ソフトバンク新製品発表会の席で、ソフトバンクの宮内謙社長はフィーチャーフォン、

およびフィーチャーフォン型スマートフォンについて否定的な発言をした。

果たして、ガラケーの未来はどうなるのか?

キャリアごとに対応を比較し、解析してみます。

ドコモ

ドコモの加藤薫社長は、4月28日に開催された2014年度の決算発表会の席で、

「お客様にとってのフィーチャーフォンはずっと続けていきたい」と発言をした。

その後、5月13日の新製品発表会では「Androidドコモケータイ」こと「F-05G」と「SH-06G」が登場。

 

Androidドコモケータイは、ベースとなるOSはAndroid。

LTE通信、VoLTE、アプリのインストールも非対応。Wi-Fiなども搭載しない。

これらの機能はハードウェア(無線モデム)によるところも大きいため、

コストダウンの観点からもあえて搭載しないという選択肢。

 

通信プランは従来のFOMAケータイのまま。

iモードサイトの視聴やiアプリなども実行できず、通話とメールとフルブラウザ、

新規追加のLINEのみが使えるシンプルな端末となった。

この選択は、ドコモが想定するユーザーのニーズに合わせた部分が大きい。

 

ドコモは、未だに1,000万人以上いるというFOMAユーザーの需要に応え、

これまでiモード端末を動かしてきたLinuxやSymbianといったOS向けのプラットフォームが、

部品調達しにくくなるという事態を回避する手段としてAndroid化を決定。

積極的にスマートフォン的な性質のフィーチャーフォンを展開するつもりは(今の所)あまりないように感じられる。

au

Android搭載フィーチャーフォンを「ガラホ」としていち早く登場させたauは、

ドコモ発表会の翌日となる5月14日、夏モデル発表会でガラホこと「AQUOS K」の最新モデル「SHF32」を発表。

VoLTEに対応が大きな変更点。

Androidながら、Googleアカウントが使えない。

 

スマートフォンの便利さをフィーチャーフォンという親しみやすい容器に入れ、

多くのユーザーに体験させたいという戦略。

フィーチャーフォンユーザーに応えるため、

わざわざ割安な専用の料金プランを用意したあたりにも本気がうかがえる。

ソフトバンク

5月19日の新製品発表会ではガラホを含むフィーチャーフォンの新製品については一切発表されなかった。

新製品発表会の質疑応答で宮内社長は、「ガラケーは最終的に必要ないと考えている」と切って捨てた。

 

この発言の背景には、同社がこの日発表したモバイルeコマースサイトなどのサービスを、

スマートフォンを中心に構成していきたいと考えている現れ。

 

ソフトバンクの意思は明確、今後もフィーチャーフォンやガラホ的な端末は登場する。

それは積極的な販売戦略のもとで売られるのではなく、あくまで消極的な位置づけ。

どのタイミングになるかはわからないが、

将来的にソフトバンクが扱う端末はすべてスマートフォンへと収束していくことになるため、

フィーチャーフォンを今後も使い続けたいというのであれば、

ソフトバンクはあまり先の長くないキャリアということになる。

ガラケーユーザーの今後の選択肢

今後もフィーチャーフォンを使い続けたいというユーザーにとっては、

やはりドコモが最善の選択肢ということになる。

最初のAndroidドコモケータイについてはiモードのサポートはなかったが、

何らかの形でiモードブラウザなどを搭載したモデルも登場してくるようであれば、ますます期待が持てる。

 

しかし、Androidドコモケータイのiモード対応が進まないようであれば、ガラホを擁するauも有力な選択肢に。

ガラホは非常にスマートフォン的な性質の強い端末ではあるが、

フィーチャーフォンに近い料金体系も用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪