防水・防塵でもスマホ結露には注意!故障の原因と対策

スポンサーリンク

水にぬれても安心な防水スマホ。それでも故障してしまう原因が存在します。

耐久性を過信するのは危険

最新機種が発表されると、

ラインナップに入っている防水・防塵が施されている高耐久性スマートフォン「タフネス・スマホ」。

その耐久性を過信してしまうと、思わぬ落とし穴が!?

 

防水性のあるスマホは、水に濡れても大丈夫だと思われがちですが、海やプールで手を滑らせてしまうとアウト。

ズボンのポケットに入れていたら蒸れてしまい、

イヤホンの接続部分や充電器を挿すコネクターなどから水滴が浸入し、故障してしまうこともあります。

結露による故障と対策

夏は室内と室外の温度差が激しいため、涼しい場所から暑い屋外に出ただけで、

スマホ内部の水蒸気が水に変わり、故障してしまったという事例が。

スマートフォンの防水機能にも、意外な弱点があります。

 

水中にスマホを落としてしまうなど、外部からの水の浸入であれば、防水ケースである程度防げます。

ただ、結露の対策としては不十分。

対策は、スマホの内部基盤に防水処理を施すこと。

内部で結露が発生してしまっても故障を防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪