Googleがモバイルで本気に巻き返す!Appleへの対抗!? Google I/O 2015

google-2
スポンサーリンク

5月28日に開催された「Google I/O 2015」。

Android MやAndroid Payが発表。

印象的だったのが、Googleが徹底的に「モバイル」にこだわりを見せていた。

google-2-246x200

Google I/O 2015

5月28日(現地時間)から2日間、アメリカ・サンフランシスコでGoogleの開発者向けイベント「Google I/O 2015」が開催。

 

Androidの次期バーションとなる「M」を紹介、サービス強化や、ライバル企業への対抗策、IoTの世界に向けた準備など、

Androidエコシステムを最大限に拡大しようという狙いが見える。

2015年はモバイル一本に集約して見せていた。

Googleが、モバイル分野に本気で勝負をかけているということもである。

Appleへの対抗策

基調講演で印象的だったのが、Appleへの対抗心。

Android Mでは新たに「Android Pay」という決済サービスに対応。

店頭でNFCを使っておサイフケータイのように決済が行えるというサービス、これはどう考えても「Apple Pay」を意識している!?

Andorid M

Andorid Mでは、指紋認証によるセキュリティもサポートしている。

すでにサムスン電子の「galaxy S6/S6 edge」などで指紋認証が使えるが、

Andorid MではOSレベルで指紋認証に対応する。

すでに指紋認証に対応しているiPhoneを意識している!?

Google Photos

サービス面では、「Google Photos」としてアルバム管理機能が強化。

「Picasa」や「Google+」でアルバム機能が提供されていたが、Google+から独立する形で、サービス提供されることに。

アプリ上での操作性が向上、検索や顔認証によって、過去の写真を見つけ出しやすい。

16メガピクセルまでの静止画、1080Pまでの動画が無制限でしかも無料でクラウドに保存できる。

 

Appleの場合はiCloudの容量に依存し、5Gバイト以上は月額料金が発生する。

Googleは写真のクラウドサービスを無料で提供するという思い切った戦略に。

2015年は、IoTの世界に向けて準備

Androidをベースに、IoT機器で稼働するOS「Brillo」を発表。

さらにBrilloを採用したデバイスやAndroidスマートフォン、

クラウドが連携するためのプラットフォームとして「WEAVE」を明らかにした。

 

Googleとしてはスマホを中心にタブレット、クルマ、テレビだけでなく、家電などもコントロールしようと計画している。

その世界を実現するには、IoT機器周辺もきっちりと押さえておくことが重要だと判断。

バーチャルリアリティの世界

グーグルは段ボール素材でできた「Cardboard」の新モデルを投入。

今回の基調講演では、タブレットから複数のCardboardをコントロールできるようになると発表。

 

GoPROと組み、VR映像を作りやすい環境も整備する。YouTubeに配信できるようにすることで、VRユーザーを増やそうという狙いがある。

ネットワーク環境があまり整備されていない国や地域に向けて、データ通信量をセーブしたり、オフラインでグーグルマップが使えるサービスを提供したりしていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪