PC・タブ向け「Windows 10」が7月29日に提供開始!無償でアップグレードも

スポンサーリンク

米Microsoftは1日(米国時間)、PCおよびタブレット向けの「Windows 10」を7月29日より提供開始すると発表。

Windows 7/8.1ユーザーであれば無償でアップグレードできる。

Windows Phone向けは今年の後半に提供。

windows-1

Windows 10

2015年夏の提供とされてきたが、リリース日が7月29日に決定。

同日より提供される個人向けの製品版は、「Windows 10 Home」と「Windows 10 Pro」。

Windows Phone向けの「Windows 10 Mobile」は、今年の後半より提供する。

 

Windows 10には、生体認証システム「Windows Hello」、パーソナルデジタルアシスタント機能「Cortana」などが含まれている。

同社製の新しいWebブラウザ「Microsoft Edge」も利用可能。

Microsoft EdgeはCortanaと連携しており、ユーザーの興味や関心に合わせた検索結果やコンテンツを表示する。

Cortanaについては、Windows 10提供開始時点で一部の市場のみでの提供。

Continuum

タブレットとPC間で作業を引き継げる「Continuum」にも対応。

Windows Phoneにマウスやキーボードを接続することが可能で、PCのように操作することができる。

Windows 7/8.1からは、無償アップグレードの予約を行うことで、7月29日から1年間アップグレードが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪