ソフトバンク Xperia Z4を6月12日に発売! 注目の“SONY”ロゴは正面に スペック

スポンサーリンク

ソフトバンクはソニー製の「Xperia Z4」を6月12日に発売。

正面にSONYロゴ、背面にSONYとXPERIAロゴを配して、キャリアロゴは入れていない。

6月5日から事前予約を受付ける。

yo_sbz4-01

スペック

「Xperia Z4」の主な仕様
機種名 Xperia Z4
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 5.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8994/2.0GHz+1.5GHzオクタコア
メインメモリ 3Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約5.2型フルHD TFT液晶
解像度 1080×1920ピクセル
連続通話時間 FDD-LTE:約840分、3G:約1320分、GSM:約720分
連続待受時間 FDD-LTE:約550時間、AXGP:約510時間、3G:約590時間、GSM:約520時間
バッテリー容量 2930mAh
メインカメラ 有効約2070万画素CMOS
インカメラ 有効約510万画素CMOS
ボディカラー White、Black、Copper、Aqua Green
サイズ 約72(幅)×146(高さ)×6.9(奥行き)ミリ
重量 約144グラム

 

Xperia Z4

Xperia Z4はカメラやオーディオを強化したフラッグシップモデル。

外観はXperia Z3をベースとしている。

キャップレスの充電端子、光沢感を高めたフレームと耐久性を高めたコーナー、

より薄く軽くなったボディなどデザイン性を向上。

カラーバリエーションはWhite、Black、Copper、Aqua Greenの4色をラインアップ。

ソフトバンク版の特徴

ソフトバンク版の特徴は、正面にSONYロゴ、背面にSONYとXPERIAロゴを配して、

キャリアロゴは入れていない。

ソフトバンクのXperiaでは初めて、高品位な通話ができる「VoLTE」をサポート。

ディスプレイ プロセッサ メモリ ストレージ

ディスプレイは5.2型のフルHD(1080×1920ピクセル)液晶を搭載。

プロセッサはQualcommの64ビット8コアCPU。

メインメモリは3Gバイト。

32Gバイトのストレージを用意。

外部メモリとして最大128GバイトまでのmicroSDXCが利用できる。

カメラ

メインカメラは有効約2070万画素CMOSの「Exmor RS for mobile」、広角25ミリのGレンズ、

画像処理エンジン「BIONZ for mobile」を装備。

インカメラを約510万画素に強化し、広角25ミリのレンズでより広範囲を撮影できる。

オーディオ

オーディオ面では、192kHz/24bitのハイレゾ音源を再生できる。

圧縮音源をハイレゾ相当(96kHz/24bit)に拡張する「DSEE HX」も採用。

従来から最大で約3倍(900kbps)のデータをBluetoothで転送できる「LDAC」、

装着した有線のヘッドフォンで最適な音質に自動調整する機能も装備。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪