Gmail開発チームが手がけたメールアプリ「Inbox」公開!特徴とメリットを解析

スポンサーリンク

モバイルデバイスでGmailを利用する際にどのアプリを使うか。

純正アプリでは、UIなどが独特で使いづらく、「Mailbox」などGmail対応のアプリを使っている、

という人も多いのではないか。

Gmail開発チームが手がけた新しいメールアプリ「Inbox」が一般公開。

これまでのGmailアプリとはまったく違うコンセプトと使い勝手である「Inbox」の特徴とメリットを解析します。

intro-product

直感的に分かるデザイン

「Inbox」をインストールして起動すると、メリハリのあるデザインの画面が目に入る。

Gmailアプリでは差出人とサブジェクトがテキストで並んでいる形式、

「Inbox」ではアイコンやプレビューを活用し、

メール一覧画面を見ただけでもどんなメールが届いたのか直感的に分かるデザインになっている。

 

Gmailでおなじみの「ソーシャル」「プロモーション」といったカテゴリ、

差出人のメールアドレスの頭文字がアイコン化されているので、

誰からのまたはどんな目的のメールか分かりやすい。

メールに埋め込まれた動画や添付ファイルもプレビューとして表示、タップすると展開して閲覧も可能。

効率的なメール処理

「Inbox」は、インターフェースにおいてもGmailアプリと比べ大きく異なり、

メールは一覧画面上で右にスワイプするだけで確認完了として受信トレイから「完了」フォルダへ保存。

受信トレイのメールをスワイプで処理ができるというのはメールアプリではおなじみの機能。

「Inbox」の場合はプレビューでメール内容の大体が把握でき、

必要なメール以外は開かずに効率的なメール処理がしやすい。

 

Googleカレンダーとあわせて活用できる。

Googleカレンダーでメール通知を使っている場合、受信トレイのプレビューで予定が表示される。

返信しないといけないメールやGoogleカレンダーのメール通知など、

処理を終えたメールはどんどん右にスワイプして消していくのはタスク管理的な感覚で利用できる。

受信トレイの処理

スマートフォンでメールアプリを利用していると、

サービスやショップからのお知らせメールなど優先度が低いメールが受信トレイにたまって処理が面倒。

 

「Inbox」では迷惑メールとはまた別に「低優先度」というラベルがあり、このラベルのメールは通知を出さない、

受信トレイからは削除して表示させないというフィルタリング設定が可能。

受信トレイからいったん開いてメニューボタンで「低優先度」に移動させると、

次回からのメールはそちらに保存される。

「低優先度」の設定で「メール到着時に完了マークを付ける」スイッチをオンにすれば設定完了。

時間や場所を設定して通知

メールの返事やメール通知が来たGoogleカレンダーの用事など、今すぐにはできないけれど後で行いたい、

という場合に便利なのがスヌーズ機能。

時計アプリのスヌーズ同様、後で改めて通知する機能。

「Inbox」では時間や場所を設定して通知できるようになっている。

メールの場合は左にスワイプ、

Googleカレンダーのメールの場合はプレビューをタップすればスヌーズ設定ウィンドウが表示される。

 

現時点では、場所の設定は駅か主要な場所のみで細かい場所は指定できない。

送信キャンセルできる

「Inbox」でユニークなのがメールを送信途中でキャンセルできること。

メールの送信ボタンをタップすると、

画面下端に「送信しています…」というメッセージと「キャンセル」または「元に戻す」という表示が表れる。

この「キャンセル」「元に戻す」をタップすれば送信が取りやめになり、メール編集画面に戻る。

 

キャンセルできるのは、「キャンセル」「元に戻す」が表示されている間。

相手が受信したメールを取り消すのは不可能、

電車内や慌てているときなどに間違えて送信ボタンをタップしてしまったという場合には有効。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪