Andorid 4.2以降はBluetooth→Bluedroidに移行へ その違いを解析! 

bluedroid-go-launcher-ex-theme-3-0-s-307x512
スポンサーリンク

多種多様な候補から自分好みの端末を選択でき、高度なカスタマイズが可能になる、

それがAndroidの魅力ですね!

カスタマイズの自由度の反面、わかりにくさを指摘されることもある、Android。

今回は、Andorid 4.2以降はBluetooth→Bluedroidに移行した経緯、違いを解析します。

bluedroid-go-launcher-ex-theme-3-0-s-307x512

「Bluedroid」

Android端末にかぎらず、パソコンやiPhoneなどBluetoothをサポートするデバイスは、

無線通信部分のみをハードウェア(IC)に任せ、その他の処理をソフトウェアで行っている。

そのソフトウェアは「Bluetoothスタック」と呼ばれ、Android OS 4.1までは主に「BlueZ」が利用されてきた。

 

そのBluetoothスタックが、Android 4.2(Jelly Bean)から「Bluedroid」に変更。

チップベンダーのBroadcomが開発、Android Open Source Project(AOSP)に寄贈するという形式をとっているため、

どのメーカーのAndroid端末でも利用できる。

Bluedroidへの移行メリット

Bluedroidへの移行に伴う最大のメリットは、BLE(Bluetooth Low Energy、ブランド名は「Bluetooth Smart」)のサポート。

従来のBluetooth規格と比較すると、BLEは消費電力が極めて少なく、スマートウォッチや家電との連携、

あるいは店舗や施設内での行動を追跡するための「ビーコン」との通信に最適。

iOSでは、iOS 7のときからBLEを利用するビーコン(iBeacon)がサポートされていますが、

AndroidでもBluedroidの強化によりAndroid 4.3(Jelly Bean)からビーコンを利用できるようになった。

安定性と信頼性の向上

安定性と信頼性の向上もポイント。

BlueZはLinux汎用/デスクトップ向けのスタックとして開発されてきたが、

Bluedroidは組み込み用途に最適化されて、

BluetoothのためだけにD-Bus(デスクトップLinuxシステムで利用されるプロセス間通信機構)を用意する必要がなくなった。

システムをシンプルに保てるので、安定性が向上した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪