Apple Watch バッテリー残量を文字盤に表示させる方法を解説

スポンサーリンク

Apple Watchの使い方の疑問にお答えします。

今回はバッテリー残量を文字盤に表示させる方法についてです。

文字盤をカスタマイズ

Apple Watchの連続駆動時間は最大18時間と公表。

バッテリーが切れてしまうと、通知機能はおろか時間さえわからなくなってしまう。

文字盤上でバッテリーの残量がわかれば、充電の必要なタイミングがわかりやすくなる。

そのためには、文字盤を「カスタマイズ」する必要がある。

まずは、時計が表示されている画面を強く押し、文字盤の選択画面に入ろう。

「ユーテリティ」

バッテリーの残量を表示できる文字盤は、「ユーテリティ」、「モジュラー」、「シンプル」、「カラー」、「クロノグラフ」、

「ミッキー」の6種類。

「モーション」や「アストロノミー」などでは表示することができないので注意。

ここでは、「ユーテリティ」を例に進めていく。

「ユーテリティ」の下部にある「カスタマイズ」をタップ。

左右にスワイプすることで文字盤の「ディテール」や、秒針の「カラー」を選択できる。

カスタマイズ画面で一番右までスワイプすると文字盤に、表示する情報を選択できる。

「ユーテリティ」では4箇所に情報の表示が可能。

あとは、表示したい場所をタップし、デジタルクラウンを回して「バッテリー」を選択すると、

文字盤にバッテリー残量が表示されるようになる。

「ユーテリティ」で表示できる情報は、「バッテリー」以外にも、

「アクティビティ」や「天気」、「世界時計」、「日の出と日の入り」など様々。もちろん「オフ」にすることも可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪