新iPhoneの名称はiPhone 7か?  デザイン・ スペックは? 次期iPhone予想

スポンサーリンク

アップルの開発者向けカンファレンス「WWDC2015」が開催目前。

iPhoneは販売サイクルが秋を起点にしているため、

このタイミングで新製品が発表されることはないと思われる。

アップル製品の動向に注目が集まる機会なので、次期iPhoneについて予想してみる。

iphone7-1

次期iPhoneはデザインが同じ「s」

iPhoneの製品サイクルは大きく分けて「デザインが2年周期」「内部は1年周期」。

型番が数字のみで終わるのが新デザインを採用した年、型番の数字の次に「s」が付いた年が、

中身だけ更新された年となる。

1代限りで終わったiPhone 5cもあるが、これは例外として考える。

2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
iPhone iPhone 3G iPhone 3GS iPhone 4 iPhone 4s iPhone 5 iPhone 5s/5c iPhone 6/6Plus

この法則に従えば、2015年のiPhoneは、デザインは現在のものを踏襲した「iPhone 6s」になる。

おそらく、順当にこの命名法則が適用されるはず。

昨年登場した「iPhone 6 Plus」は、従来のラインナップになかった新モデルなのでこれも例外扱いになるが、

順当にアップデートされるとすれば「iPhone 6s Plus」になる。

デザイン・カラー予測

デザインについては、一部ではさらなる薄型化、あるいは素材の変更や、強度の増強といった噂もある。

しかし、同一デザインでの薄型化については、これまで例がない。

素材の変更については強度問題と重なる部分があるが、

iPhone 6発売直後に話題となった「折れ曲がる」問題(通称bendgate問題)への対処という理由付けがされている。

ただしこの「折れる」問題、最初に話題になったあとは、特に大きな問題にもなっておらず、

事例もそこまで多くない。

 

カラーについては、ピンクが追加されるという噂がある。

もしこの噂が正しい場合、ピンクといってもApple Watch Editionで採用されたローズゴールドに近くなるのではないだろうか(同様にイエローゴールドが出てもおかしくない)。

またこの場合、iPhoneの中でも特別限定モデルとして登場する可能性がある。

新モデルの追加

iPhone 5cはカラフルな外観と低価格で新規市場を開拓しようとした意欲作であるが、

アップルの思惑通りには販売が伸びなかった。

アップル自身はプレミアムブランドであるiPhoneの安売りをよしとはしていないが、

一方で開発途上国や新興国市場での存在感も完全に捨てているわけではない。

こうした新興国市場向け、または大型化した端末を好まない層に向けて、

4インチ程度の小型端末を新たに販売するという噂も。

 

4インチというと、ちょうどiPhone 5cが該当するサイズ、

ワイド画面のRetina液晶というスタイル自体は継承されることになりそう。

デザインは継承して、名前だけ「iPhone 6c」などに変更してくる可能性はある。

その際は思い切った低価格化にも期待。

次期iPhoneの性能

iPhoneはモデルチェンジの度にCPUを変更して性能アップに努めてきた。

現在のiPhone 6にはアップル純正の「Apple A8」というCPU(SoC)が搭載、

順当にいけば次期iPhoneのCPUは「Apple A9」に。

A9は3Dトランジスタ技術の「FinFET」プロセス技術を採用することになる。

製造プロセスは14nm~16nm(A8では20nm)と、さらに微細化が進み、

チップ全体の消費電力の低減につながる。

 

A8プロセッサは2コア-1.4GHzと、Android陣営と比べると見劣りする。

昨年のフラッグシップに搭載されていたSnapdragon 805(4コア-2.7GHz)を搭載したNexus 6とA8を搭載したiPhone 6を比べると、

画面解像度の違いなどはあるが、CPU、GPUどちらのベンチでもコア数・クロック数・メモリ搭載量が半分のiPhoneと同等か、場合によってはiPhoneが上回る結果が出ている。

iPhoneはハードウェアもOSもアップル製だけに、Androidと比べると、最適化が非常に有効に働いている。

 

A9も無理にコア数を増やすことなく、2~4コア程度で済ませてくる可能性が高い。

それでも現行以上の性能が発揮されれば、十分。

iPhoneのGPUコアは代々PowerVRベース、A8ではPowerVR Series 6XTのうち、

6コアのPowerVR GX6650を搭載。

おそらく次期iPhoneでは最新のSeries 7XTから6コアのGT7600を搭載するのでは?

Series 7はSeries 6の60%程度性能が向上している、iPhone上でも同程度の性能向上を期待。

 

メモリはiPhone 6で1GBと、Androidのハイエンド端末と比べると少なめ。

iPhoneは代々メモリ搭載量が控えめなので、

もしコア数が2コアのままであれば製造プロセスの微細化とFinFETの採用でフットプリントが小さくなった分をメモリに回せるため、2GBへの拡張も。

圧力センサーは搭載される?

デザインが変わらないとすると、ディスプレイは現在と同じ4.7インチと5.5インチ。

解像度は現在1334×750ピクセルと、1920×1080ピクセル(フルHD)の2種類、

解像度が高くなるという噂も。

もし高解像度化するとすれば、4.7インチが1920×1080ピクセルになる。

4.7インチ・フルHDという液晶は過去にHTC OneやパナソニックELUGA P P-03Eなどで存在していたため、

パネル供給自体は難しくないうえに、解像度を揃えたほうが開発者の理解も得やすい。

 

Apple WatchやMacBookのトラックパッドに採用されている「Force Touch」が次期iPhoneにも採用されるという噂も。

これは内蔵の圧力センサーで押す力の強弱を計測し、異なる挙動を返せるというもので、

多段階インターフェースを実現できる。

アップルは段階的に対応機種を増やしてくる傾向があるが、iPhoneでのサポートも時間の問題。

 

ただし、圧力感知のためのセンサーやアクチュエーターを組み込まねばならず、

その分厚みが増える可能性がある。

この問題を解決するため、iPhoneでは感圧センサーを使わず、触れた指の面積を感知し、

その大小で圧力を決定するという噂も。

次期iPhoneでの採用はかなり可能性が高いと見ているが、どのような形で搭載されるのか。

通信速度

夏モデルのスマートフォンでは200Mbps超のLTE-Advanced(Cat.6)がトレンド、

iPhoneが採用するBroadcom社製モデムチップはすでに対応製品が登場しているため、

当然サポートしてくる。

Cat.6ではキャリアアグリゲーション(CA)だけで最高速度の262.5Mbps(日本では今の所225Mbps)に到達できるため、

アンテナ周りの設計も変更する必要がないのも好都合。

問題は1.5GHz帯の扱い。

iPhone 6では日本独自のLTEバンドである1.5GHz帯のバンド11/バンド21がサポートされていないが、

iPhoneを始めとするグローバル端末はこのバンドを無視しているため、これがサポートされるかは未知数。

ただし、日本ではNTTドコモの東名阪以外の地域で、

1.5GHz帯と2GHz帯を組み合わせてCAすることで225MHzを実現しているため、

ここが使えないのはドコモ的に非常に痛い。

iPhoneがサポート済みの700MHz帯を使うことになるのか、1.5GHz帯をサポートするのか。

 

無線LANについては従来通りIEEE 802.11ac対応、こちらは高速化に際してMIMOが必要。

ケース形状か内部構造が変わらない限り、2×2 MIMOへの対応は期待できない。

より高速な無線LAN対応についてはiPhone 7待ちになる。

カメラの強化は?

iPhone 6では画素数こそ8Mピクセルで変わらなかったものの、像面位相差AFによる高速AFを実現、

フルHDでの60fps動画や240fpsでのスローモーション撮影をサポート。

さらに6 PlusではiPhoneとしては初めて、光学手ぶれ補正レンズも搭載。

次期iPhoneでは、像面位相差AFなどはそのままに、画素数が1200万画素程度に向上してくる可能性が高い。

iMacに5kモデルが登場したことで編集環境も整ったとし、いよいよ4K動画撮影に対応すると予想する。

4k動画に電子式手振れ補正を併用すると、800万画素では補正効果がほとんど得られないため、

画素数の向上は必然。

 

最近は、セルフィー撮影のためのフロントカメラ(iPhoneでは「FaceTimeカメラ」)の画素数も高くなってきている。

現在のiPhone 6では120万画素程度、200万~500万画素程度になる可能性は高い。

これに伴い、フロントでもフルHD動画撮影ができるようになる。

Apple SIMの搭載

北米市場向けiPad Air 2のセルラーモデルで採用された「Apple SIM」は、

複数のキャリア・料金プランをユーザーが選択して切り替えられるもの、

次期iPhoneではこれも採用される可能性がある。

キャリア側の抵抗も大きいため、確率としてはかなり低めだとは思うが、ゼロとは言い切れない。

日本ではSIMロック解除が義務化され、各キャリアともとうとうロック解除せざるを得なくなっている。3大キャリアが対応しなくても、MVNOキャリアは事情が違う。

予想スペック

CPU Apple A9(2~4コア、1.5GHz前後?)
GPU PowerVR 7XT GT7600(6コア)
メモリ 1GB~2GB
ディスプレイ 4.7型/5.5型、フルHD(1920×1080)、Force Touch対応
フラッシュメモリ 32/64/128GB
3G/4G通信速度 最大225Mbps(LTE-Advanced Cat.6)
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/a/n/ac(最大433Mbps)
カメラ (メイン)1200万画素、4K動画撮影対応、光学手ぶれ補正機能付き(Plusのみ)(フロント)200~500万画素、フルHD動画撮影対応
その他 Touch ID、NFC(Apple Payのみ)
ボディカラー スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールド(限定)、イエローゴールド(限定)

 

最新のAndroid端末と比べるとスペック上はさほど高くないとはいえ、iPhoneはOSの最適化が進んでおり、

単純なスペックではその性能を計れない。

もし上記がすべて搭載されれば、アップルブランドやこれまでのiOSの資産の価値も含め、

引き続きハイエンドスマートフォンの中でも際立った存在感を示すことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪