Apple 新型・次期iPadを予測

スポンサーリンク

iPadは売れ行きが低迷しているとも言われている。

しかし、タブレット市場では未だに押しも押されぬ人気機種。その動向が気になる人も多いのではないか。

今回は、新型・次期iPadを予測してみる。

16-650x487

9.7インチのiPadシリーズ

このシリーズは登場以来、毎年ケースデザインが微妙に変わっており、見た目はそっくりでも厚みが違うなど、

かなりのコストがかかっている。

一昨年登場して好評な「iPad Air」系のデザインは今年も健在、

薄型タブレットとしてはXperia Z4 Tablet(6.1mm)、DELL Venue 8 7000(6mm)など、

iPad Air 2(6.1mm)並みの極薄タブレットが登場していることから、さらに薄型化されることが予想。

 

ボディカラーは従来通り、スペースグレイ、シルバー、ゴールド、

iPhoneと同じくピンク(ローズゴールド)の追加は考えられる。

 

Androidタブレットは防水・防塵対応製品が日本メーカーを中心に登場しており、

そろそろアップルにも対応か。

アップルはあまり防水対策に興味がないようなので、新型でもおそらく防水・防塵とは無縁に。

新型iPadの性能

iPadは、その年に出るiPhoneと同世代のCPUを搭載するのが基本。

今年の新型iPhoneがApple A9プロセッサを搭載するとすれば、新型iPadもA9系に。

 

iPadはRetinaディスプレイ採用後、画面解像度が高いこともあり、

GPUを強化した「X」の付くCPUが搭載されるケースが多く、

おそらくA9でも「A9X」になるのでは。

iPad Air 2に搭載された「A8X」ではCPUコアも3コアになり、

GPUはなんと8コアと、iPhone 6の「A8」と比べると約1.5倍強化。

 

iOSのアップデートと関連して、画面分割のサポート。

セルラーモデルではLTE-Advanced(Cat.6)をサポートすると予測。

Wi-FiについてはiPad Air 2ですでにIEEE 802.11acの2×2 MIMOをサポートしているため、

大きな上積みはない。

カメラ機能も、そろそろ4K撮影をサポートか、

アップルはiPadのカメラ機能をiPhoneほど積極的に機能向上させようとしないため、

iPhone 6と同等か(像面位相差AFの採用など)。

 

iPhoneにあってiPadにないものとしてはNFCがあるが、現状では使い道がApple Pay。

店頭でiPadをかざして買い物をするシーンは思いつかないので、微妙。

逆にiPhoneやApple WatchをiPadにかざしてPOSレジ代わりにするというソリューションも考えられる、

大型iPadのほうが搭載される可能性は高い。

大型モデルは?

12インチ~13インチ程度の大型iPad(通称「iPad Pro」)が登場するのか。

ビジネスや教育市場で、より大きな「見せる」用途に向いたモデルが求められている。

過去には大型モデルの部品と言われる写真がリークしたことも何度かあり、

少なくとも研究開発は進められている。

 

大型モデルが登場した場合、ディスプレイ解像度は現在の2048×1536から拡大、

3072×2304か、いっそ4K(3840×2160)まで拡大される可能性が。

ただしiPadは画面アスペクト比が4:3を堅持してきたので、ワイド化は考えにくい。

 

大型化に合わせてUSBまたはLightningポートが1つ増えるという噂も。

周辺機器の接続を考えると便利そうだが、OS側が複数の周辺機器をサポートできるのか。

可能性としては、ディスプレイが大型化して既存のLightningポートでは充電が間に合わなくなり、

MacBookと同じくUSB TypeCポートを充電に使うケースもあるのでは。

画面サイズに加え、感圧式スタイラスペンを搭載する?

感圧についてはペン側に感圧センサーを持たせるものと、

画面をForce Touch対応にしてそのセンサーを使うというものがある。

Force Touchセンサーがそこまで高い精度(例えばグラフィック用タブレットのスタイラスペンは256~1024段階の感圧式)を持てるかは疑問、

あるとすればペン側が感圧式になっているか。

iPad mini

最新のiPad mini 3ではTouch IDこそ搭載、

消費電力や発熱の問題からか、A8プロセッサ化は見送られており、

iPad Air 2と性能的な差が出てしまったのもマイナス。

 

iPad miniは、A9が消費電力や発熱の低下を実現できれば次期iPadと並んでアップデートされる。

それがうまくいかなかった場合は、iPadとはアップデートサイクルを変えて、

あえて手を入れずに次を待つパターン。

アップデートは2年周期になるかもしれないが、すでに64bit化やTouch ID搭載も済ませて、

機能としては十分最新OSを活用できる素地はあるため、カラーバリエーションの追加などで、

今併売されている旧モデルの代わりとして、低価格の入門機的な位置づけとして残す作戦。

新型iPadの発売時期

現在は9月にiPhone、10月にiPadという発売サイクルが出来上がっている。

これがズレるという噂も。

基本的に新製品はiOSがアップデートしてから、最新OSを搭載して登場することになっており、

もし前倒しになるとしたら、iOSのリリースも前倒しにならなければならない。

iOSは毎年アップデートすることでかなりの開発リソースを投入されており、

現在でもカツカツのスケジュールで進んでいるはずなので、これを前倒しにできる余裕があるとは、考えにくい。

 

仮に8月にiPadを発売できるなら、海外では入学シーズンの9月に合わせて需要を拡大できるという強みが。

もしWWDCでiOS 9のリリースが夏ということになったなら、

iPhoneやiPadの発売時期も動く可能性が非常に高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪