Apple Watch 新OS「watchOS 2」で機能が大きく向上 機能をまとめ

watchOS-2-speaker-output-1024x576
スポンサーリンク

Appleは6月8日(現地時間)、開発者向けの年次イベント「WWDC 2015」(World Wide Developers’ Conference 2015)の基調講演で、

Apple Watch向けOSの新バージョン、watchOS 2を2015年秋に配布。

新バージョンはすべてのApple Watchに無償でダウンロード可能。

watchOS-2-speaker-output-1024x576

watchOS 2

新たに3つの文字盤を提供

Apple Watchには現在10種類の文字盤(フェイス)が提供されている。

加えて3つの文字盤が提供。

1つは自分の好きな写真を背景に設定できる「Photo」。

もう1つは画面が点灯するたびに異なる写真を表示する「Photo Album」。

そしてロンドンや香港など5都市で撮影したタイムラプス動画が楽しめる「Time-Lapse」。

いずれも美しい写真がApple Watchの画面で楽しめる。

 

Apple Watchの文字盤に配置できる、時刻以外のさまざまなパーツ(コンプリケーション)を、

サードパーティーベンダーも作成可能に。

デモでは、搭乗予定の飛行機のフライト時刻やゲート番号などを表示するパーツや、

フォルクスワーゲンが作った電気自動車の充電状態を表示するパーツなどが披露された。

 

こうしたパーツで表示できるのは、今は現在時刻のものだけ。

watchOS 2では、Digital Crown(リュウズを模したダイヤル)を回すことで、

数時間後の予定や天気なども確認可能になる(Appleはタイムトラベル機能)。

「ナイトスタンド」モード

Apple Watchを充電するときは、専用充電器の上に平らにApple Watchを置いている人がほとんどかもしれない。

watchOS 2を導入すると、Apple Watchを枕元に置く目覚まし時計のように使うことが可能になる、

「ナイトスタンド」モードが用意。

デジタルクラウンを上にして横向きにApple Watchを立てかけると、専用の画面で時刻を表示。

アラームが鳴動したときは、デジタルクラウンでスヌーズ、サイドボタンでアラームの停止ができる。

「友達」登録人数が増加

Apple Watchのサイドボタンで呼び出せる、よく使う連絡先の「友達」画面は、

これまで12人しか登録できなかったが、watchOS 2ではさらに12人登録できるようになった。

これまではiPhoneの画面でしか友達の登録作業ができなかったものが、Apple Watch上でも可能になった。

 

Apple Watchユーザー同士で、手書きのメッセージが送り合えるDigital Touchは、

複数の色が同時に使えるように改良。

メールの返信に対応 FaceTimeオーディオ

これまでメッセージ機能のみだった返信機能ですが、メールにも返信が可能に。

具体的な返信の方法は紹介されていないが、Siriを使った返信や定型文での返信になる模様。

電話をかける機能は、新たにFaceTimeオーディオをサポート。

通話料がかからない方式でのコミュニケーションにも対応。

フィットネス機能

フィットネス機能では、Apple純正のワークアウトアプリ以外の、

好みのサードパーティーベンダー製のアプリが使えるようになった。

サードパーティーアプリで行った運動も、アクティビティとしてカウントされ、

ムーブやエクササイズの数値に加算される。

 

Siriがアクティビティの操作をサポートするのもポイントで、

これまで画面をあれこれ操作してスタートしていたワークアウトが、

Siriへの命令だけで簡単に始められるようになる。

「おいSiri、30分のランニングをスタートするよ!」とApple Watchに話しかければ、

すぐにランニングワークアウトが開始できるようになる。

成果のバッジ

あらかじめ設定されている目標をクリアするともらえる成果のバッジは、

裏に名前と日付が刻印されるようになった。

いつ取得したバッジなのかが、より見やすくなる。

Siriでサードパーティーベンダー製アプリの起動

Siriでの操作は、ワークアウトだけでなく、マップアプリを使った歩行者ナビゲーションや、

サードパーティー製アプリのコントロールにも対応。

ネイティブアプリ開発をサポート

現在のApple Watchアプリは、Appleが用意したものをのぞき、そのほとんどが処理をiPhone上で行い、

その結果のみを画面上に表示するものとして提供されている。

Apple WatchをiPhoneのサブディスプレイのように使うことしかできない。

iPhone本体との通信が切れると、利用できる機能は極端に少なくなってしまう。

 

新しいwatchOS 2.0では、入出力機能がより多彩になり、Apple Watch上での処理をサポート、

Apple Watch単体で動作する「ネイティブアプリ」の開発が可能になる。

音声やタッチパネル、デジタルクラウンの操作、加速度センサーなどを入力に活用し、

出力には動画やTaptic Engineもサポート、初期のサードパーティー製アプリと比べ、

格段に高機能なアプリが作れる。

HealthKitを利用すれば心拍計のデータも取得でき、HomeKitの機能もApple Watchからアクセスできる。

 

Apple Watch単体でWi-Fi通信をサポートするようになるので、

Wi-Fi環境があれば、iPhoneがなくても通信をして情報を取得することが可能に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪