Apple プログラミング言語「Swift 2.0」を発表 オープンソースで今秋にリリース

スポンサーリンク

米Appleは6月8日(現地時間)、年次開発者会議WWDC 2015の基調講演において、

プログラミング言語「Swift」の新版「Swift 2.0」を発表した。オープンソースで今秋にリリースする。

具体的なライセンスなどの詳細は、リリースが近くなってから発表する。

Apple-Swift1

Swift 2.0

ソースコードはOSI承認の許容的(permissive)ライセンスで公開。

立ち上げ段階で、OS XとiOSだけでなく、Linuxのポートも提供する。

ソースコードにはSwiftのコンパイラと標準ライブラリも含まれる。

 

昨年のWWDCで初登場したSwiftよりもコンパイラが速くなり、

「Error handling model」や「Protocol extentions」などの多数の新機能が追加される。

Swift 1.2からの移行ツールも備える。

 

Swift 2は、iOS、OS X、watchOS向けのアプリを開発するための言語。

基調講演では、Swift 2の紹介の後、ティム・クックCEOが、

App Storeでのダウンロード件数が立ち上げから7年で累計1000億本を超え、

開発者の売上高は累計で300億ドルを超えたと発表。登録アプリ数は150万本。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪