Apple 「iOS 9」は日本のiPhoneユーザーには、残念な点が… 解説

スポンサーリンク

iOS 7やiOS 8に比べて普段使いで影響ある変化が乏しい。

日本が(現時点で)対象外となっている新機能が多いのも非常に残念な点。

あくまで、現時点だが、iOS 9の内容をもう一度、見てみよう。

Apple-iOS-9-1024x576-f2ca6bd980828ce5

iOS 9

AppleがiOSデバイス向けの最新OS「iOS 9」を発表し、2015年に秋に配布。

iOS 9の主なトピックは、Siri、検索機能、「メモ」「マップ」アプリの拡張、ユーザーの行動を予測する機能、

「ニュース」アプリの提供、iPadのマルチタスクなど。Apple Payが英国で提供されることも発表。

日本のユーザーにとって新機能が少ない

Apple Payは日本ではいまだに利用できず、

ニュースアプリと、マップアプリの乗換案内が日本で提供されることも、アナウンスされていない。

iOS 9のニュースアプリの、カテゴリーごとにスマートフォンに最適化されたレイアウトで読めるUIは、

数多くの既存ニュースアプリが実現、これだけを聞くと目新しさは少ない。

 

日本でリリースされたら、ぜひ既存のアプリと使い比べてみたいのだが、

果たして日本で利用できる日は来るのか。

マップアプリのメリットが…

マップアプリの乗換案内(Transit)や、近くのスポットを提案してくれる機能(Nearby)は、

すでにGoogleマップが実装、

Siriで検索できることやOS Xと連携できることを除くと、マップアプリならではのメリットが乏しい。

Siri

日本でSiriを常用している人がどれほどいるのかは分からないが、

外で声を発することに抵抗のある人(特に日本人は多いのでは?)にとって、

Siriのアップデートによるメリットがどれだけか未知数。

 

iPad Air 2向けに提供される2アプリの分割表示、対応機種がiPad Air 2のみなのが残念。

Safari、カメラ、写真、メール、メッセージなどの機能拡張がない

iPhoneで利用頻度の高いであろう、Safari、カメラ、写真、メール、メッセージなどの機能拡張が発表されなかった。

日本対応が発表されるのを待つしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪