Spigen 「Xperia Z4」のケースと保護フィルムを使ってみて気付いたこと

スポンサーリンク

Xperia Z4はメタルフレーム+ガラスという豪華な組み合わせだから、ケースやフィルムでしっかりと保護したい。

Spigenから販売されているおすすめ製品をご紹介。

st_spigen-02

ソニーモバイルコミュニケーションズの最新スマートフォン「Xperia Z4」が、

6月10日にNTTドコモから発売。11日にはKDDI、12日にはソフトバンクモバイルから発売。

 

Xperia Z4のデザインはXperia Z3がベースになっており、

メタルフレームとガラスパネルをダイレクトに接着されている。

フレームはZ3よりも高輝度になり、キラキラと美しい輝きを見せてくれる。

傷が付くことはなんとしても避けたい。もちろんガラスが割れるリスクもある。

 

スマートフォン向けにさまざまなアクセサリーを開発しているSpigen、

Xperia Z4向けの製品も販売している。

今回はその中からおすすめの2アイテムをご紹介。

価格はAmazon.co.jpのもので、いずれも税込。

ウルトラ・ハイブリッド

Xperia Z4を全方位から守ってくれる。

「ウルトラ・ハイブリッド」は、背面のポリカーボネートと側面のTPU素材で構成された透明なケース。

 

4つのコーナーの内側には衝撃を吸収するエアクッションを装備、

端末落下時などにコーナーもしっかりとガードしてくれる。

特にXperia Z4ではコーナーに金属調の処理が施されていて高級感がある、ここを強固に守れるのはうれしい。

 

背面の4隅にはリアガードが設けられており、ケースを平面なところに置いても直接触れることがないので、

ケースを汚れや傷から守れる。

ケースのベゼル部分は、ディスプレイから1.5ミリ高く設計されているので、ディスプレイを下に向けて置いても、

ガラスに傷が付きにくい。

 

サイドキー部分は突起しており、電源キー、ボリュームキー、カメラキーのいずれも違和感なく押せる。

カメラキーを半押ししてフォーカスロックをするのも問題ない。

充電端子、ストラップホール、イヤフォンジャックも露出しているので、普段と変わらず使える。

装着感

実際に装着して使ってみると、

側面の柔らかいTPU素材が手に優しく、また滑りにくいので、片手でも快適に使えると感じた。

メタルフレームの質感を堪能できないのが残念だが、

たまにケースを外して「めでてみる」ことも必要かもしれない。

価格

価格は2790円、現在はセールにより2230円。

カラーはクリスタル・クリアとスペース・クリスタル。

いずれも透明なので、Xperia Z4の元のデザインを生かしたままケースを装着できる。

液晶保護フィルム「クリスタル」

「Xperia Z4の質感も堪能しつつ、ボディも守りたい!

わがままな人には、保護フィルムがおすすめ。

「クリスタル」は、前面用に2枚、背面用に1枚のフィルムがセットになっている。

 

品質にこだわり、ベースフィルムは日本製のものを採用。

表面硬度は4Hで、特殊コーティング処理によって、汚れが付着しても簡単に除去できるほか、

外部からのスクラッチに高い耐久性を持つ。

 

実際にフィルムを貼って使ってみたが、パッと見ではフィルムが貼られていることが分からないほど薄く、

タッチパネルの操作にも影響がない。

画質もキープしており、フィルムを貼る前と同様のクオリティで写真や映像を楽しめる。

価格

価格は1690円、

現在はセール中で1350円。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪