iOS 9でも使える  AppleがiPhone 4sをサポートする理由

スポンサーリンク

アップルが次期iOS「iOS 9」を発表。

なんと対応機種としてiPhone 4sが発表された。

今となってはかなり古い機種となるiPhone 4s、どうしてアップルはiOS 9でiPhone 4sのサポートを続けるのか。

Apple-iOS-9-1024x576-f2ca6bd980828ce5

iPhone 4sは、なんと4年前の端末

iPhone 4sは2011年10月に発売された、iPhoneとしては5代目に当たる機種。

ディスプレイは3.5インチ(640×320ドット)、CPUはデュアルコアのApple A5を搭載。

搭載メモリは512MBだ。OSは当初iOS 5を搭載、

音声アシスタント「Siri」が使えるようになったのもこの機種から。

通信機能としては3Gまでで、LTEには対応していない。

 

発売当初は「4S」であり、iPhone 5s/5cが登場したのに合わせて「4s」と、小文字になったという経緯がある。

アップルの創業者にして伝説的な経営者となったスティーブ・ジョブズはiPhone 4sの発表翌日(10月5日)に息を引き取っており、

ジョブズが見届けた最後のiPhone。

4sのsはスティーブのSだ、という人もいるほど。

 

最初の発売からすでに4年半を経ており、翌年型落ちになってから購入したケースを考慮しても、

さすがに国内でもバッテリー等にかなり経年劣化が見られる端末が増えているはず。

こうした古い機種は最新OSのサポートから外し、買い替えを勧めるのが通常の方針。

実際、1つ前のiPhone 4はiOS 8でサポートされなくなっており、

順当にいけばiOS 9でiPhone 4sが外れるはずである。

なぜ4sだけはこんなに長くサポートされ続けるのだろうか。

開発途上国での人気が高い

開発途上国では比較的最近まで販売されていた。

iPhoneはスマートフォンの中でもプレミアムブランドであり、

アップルは理由もなくブランド価値を下げるような廉価販売を嫌う傾向にある。

 

潜在的ユーザー数が圧倒的に多く、成長市場として無視できない開発途上国にも端末を投入する必要がある。

1~2年型落ちの機種を、フラッシュメモリの容量も減らした上でこれらの市場に投入するという手法。

新興市場であるインドは12億人以上の人口を持ち、将来世界2位となると言われている巨大市場、

未だにiPhone 4sが人気機種として販売されている。

最新のiPhoneには手が出ないが、それでもiPhoneが欲しいという層に人気がある。

アップル自体のインドでのシェアは5%前後、それでも年間200万台程度は販売が見込める。

将来インド市場が現在の中国市場のように成長したときを考えてのビジョン。

いくら型落ちで安いとはいえ、月収の数割を費やしてやっとiPhoneを購入した人たちに、

もう最新のOSは動かないと言うわけにはいかないだろう。

CPUがA5であること

Apple A5を搭載している機種は、iPhone 4のほか、iPad 2、iPad mini、第3世代のApple TVがある(ただしApple TVのA5はシングルコアになっている)。

Apple TVのOSはiOSベースで、バージョンから類推するとiPhoneのそれよりも1世代低いようなのだが、

CPUがA5であることには違いがない。

 

A5を搭載した機種はいずれも、比較的長く売り続けられた端末。

iPad 2は2011年4月に発売されて2014年3月まで、iPad miniは2012年11月に発売され、

今なお販売が続いている。

iPad 2とiPad miniは教育市場などでも多く使われており、

これを早々とカットするのは戦略的に見ても得策ではない。

Apple TVは発売以降3年以上が経過、今年中にも新型の登場が噂されているものの、

値下げしたばかりでこれからユーザーを増やそうとしている。

iOS 9でもイチオシのHomekitでも、家の外からiCloudを経由して家電を制御する際に、

Apple TVがハブとして機能することを発表したばかり。

 

戦略上もこれらの機種を無下にカットするわけにはいかないので、結果的にiPhone 4sも延命された。

来年大きなカットオフが行われる

来年は初代iPhone OSから数えて10年目、iOSもバージョン10となる記念すべき年。

画面解像度や対応CPUといった部分にまで大きく影響してくる変更があるのではないか。

iPhoneはiPhone 4でRetina化、5でワイド化、6/6 Plusでさらなる高解像度化と画面サイズの変更を経ている。

CPUは、iPhone 5sのApple A7で64bit化を果たしており、Touch IDが採用されたのもここから。

 

4sを切ればワイド化以前の画面アスペクト比を、5(および5c)までを切れば32bitコードとTouch IDを搭載しない不用心な環境も排除できる。

アプリ開発やサービスを提供する上で、ユーザーの環境を一定に揃えるのが理想的だが、

アップルはiOS 10でこうした大粛清を行い、一気にユーザーの環境を均質化する可能性も。

 

日本市場で言えば、iPhone 4sはそろそろ本気でバッテリーも辛くなっているはず。

2年縛りも終了し、iOS 9を待たずとも、そろそろ新しい機種に買い替えを考えてみては。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪