世界最速のファイル転送『STORM』は、日本企業!

スポンサーリンク

ユニゾンシステムズが、手がけているのは放送局向けの動画転送ソフト『STORM』。

世界一の転送速度を誇る。そして、日本企業である。

unixonlogp

 

STORM

「DVDのデータ(4.7GB)なら約8分ほどで送れる。

日本の放送局ではスタンダードだ。たとえば野球のキャンプ地からも、映像はほぼこのシステムで送られている」

現在テレビやインターネット動画の世界では、次世代放送に向けて映像の高解像度化が進んでいる。

4K、8Kという高精細な世界において転送速度は事業のキモだ。

 

映像配信側はクラウドサーバー上から編集・制作・配信までをワンストップで手がけるようになる。

STORMはその中核技術になるのではないか。

同社は放送局以外の顧客を見つけようとがんばっている。

「映画配信、サイネージ動画の配信、ゲーム管理、また医療分野においては手術台の4K高画質動画の転送など」を想定している。

YouTubeのようなオンライン動画コミュニティーの世界で、

利用者のアップロード速度を上げられれば大手競合の追い落としがはかれる可能性もある。

 

日本の技術屋が開発している画期的なソフト、導入先がどうなるか楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪