WiMAX 2+で通信速度制限開始 「直近3日間3Gバイト」

wimax_s
スポンサーリンク

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+向けに「直近3日間3Gバイト」の速度制限を開始。

通信速度制限の対象となった場合、通信速度が1Mbps前後に低速化する。

wimax_s

UQ、WiMAX 2+の速度制限スタート 制限時は上下1Mbps程度に

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+およびau 4G LTE向けの通信速度制限を5月29日より開始。

WiMAX 2+およびau 4G LTEでのデータ通信量が「直近3日間で3Gバイト」を超えた場合、

通信速度が上下最大で1Mbps程度に制限される。

 

UQコミュニケーションズでは速度制限時の速度を「YouTubeの標準画質が閲覧できる程度の制限」になると説明。

「制限なし」が大きなウリであった同社サービス向けの通信速度制限が、極端に厳しい内容にはならないことをアピール。

この速度制限は「当日を含まない直近3日間の通信量が3Gバイトを超えた場合」に一律適用される。

通信を利用する時間帯、場所を変えてもユーザー単位で速度制限が行われるため、

WiMAX 2+およびauの4G LTEでの通信量を減らすという以外には根本的には制限を回避する方法がない。

 

速度制限の対象となった状態でも(2+ではない)WiMAXについては速度制限なしで通信が行える。

具体的にはノーリミットモードまたはハイスピードモードでのWiMAX通信は速度制限の対象外(ハイスピードモードでもエリアによってはWiMAX 2+接続にならない場合がある)。

全エリアで低速化

WiMAX接続中は速度制限の対象外になるという一応の回避策は残っているが、

UQコミュニケーションズはWiMAX 2+のキャリアアグリゲーション(CA)対応エリアを9月末までに全国に拡大する予定。

WiMAXの通信速度が下り最大40Mbpsから13.3Mbpsへと全エリアで低速化する。

UQコミュニケーションズはWiMAXからWiMAX 2+への“移住”を促している真っ最中。

WiMAX 2+の発表時点から速度制限を案内していた

UQコミュニケーションズはWiMAX 2+の発表時点から、4月以降は直近3日間の通信量に応じた速度制限を設けることを案内していた。

 

速度制限の対象とならないユーザーにとっては、

通信量の多いユーザーの通信が速度制限によって減少することで実効速度の改善が期待できる反面、

WiMAX 2+を固定回線代わりに使っていたユーザーにとっては、時間帯や場所を問わずに速度制限の対象となってしまうため、

かなり厳しい制限。

 

電波が有限の資源であることを考えれば、WiMAX 2+向けの通信速度制限はやむを得ない面がある。

一律の速度制限ではなく、混雑するエリアや時間帯のみ制限するという形、

Wi-Fi通信への自動切り替え機能によるトラフィックのオフロードなどで、制限が少しでも緩和されることに期待。

直近3日間の速度制限

キャリア各社が行ってきた直近3日間の通信量に基づく速度制限は、2014年後半より条件が緩くなる流れが続いていた。

UQコミュニケーションズがWiMAX 2+向けに速度制限を開始したほか、

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター「305ZT」も直近3日間の通信量に基づく速度制限を4月ころから開始している。

 

一連の通信速度制限の強化には、一部のユーザーによる大容量通信の影響をほかのユーザーに与えないためのほか、

モバイル通信サービスにおける通信速度の表記が、現在用いられている理論値(下り最大220Mbpsなど)から、実際の環境で通信速度を測定した「実測値」をベースにしたものに変更されることも関連している可能性がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪