「Googleスライド」がAndroid、iOS版をアップデート Chromecast、AirPlayでのキャスト表示を可能に!

スポンサーリンク

米Googleは6月11日(現地時間)、

オフィススイート「Googleドキュメント」のプレゼンテーションアプリ「Googleスライド」のAndroidおよびiOS版をアップデート。

プレゼンテーションのChromecast、AirPlayでのキャスト表示を可能にしたと発表。

pr_source

Googleスライド

Android端末、iPhone、iPad内のGoogleスライドのプレゼンテーションを、

Chromecast、Apple TV(以下、キャスト端末)を接続したテレビやディスプレイに表示し、手元の端末で操作できる。

利用するには、キャスト端末と同じWi-Fiネットワークに接続したAndroid/iOS端末でGoogleスライドのプレゼンテーションファイルを開く

とツールバーにキャストアイコン(下図の赤い円で囲んだアイコン)が表示されるようになるので、

これをタップするとキャストが始まる。

 

画面の左右スワイプで前後のスライドの切り替えが、端末の音量ボタンでキャスト先の音量の調整ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪