「LINE MUSIC」と「AWA」はどう違う? 音楽配信サービスを比較・解析

002
スポンサーリンク

LINEは11日、定額制の音楽配信サービス「LINE MUSIC」を公開。

5月にはサイバーエージェントとエイベックス・デジタルが同様のサービス「AWA」を公開。

それぞれのサービスはどこが違うのか。

楽曲数や料金プラン、独自機能などを比較・解析。

002 21589_00

楽曲数

サービス名 AWA LINE MUSIC
開始時点の楽曲数 数百万曲
2015年末までに500万曲
2016年末までに1,000万曲
150万曲以上
2015年内に500万曲以上
2016年に3,000万曲以上
サービス開始時点でのレーベル・プロダクション数 23社 28社

AWAは、サービス開始時点での具体的な楽曲数を公表していないが、2015年末までに500万曲としている点で、両サービスとも同じ。

ただ2016年には、AWAは1,000万曲、LINE MUSICは3,000万曲以上、長い目でみると「LINE MUSIC」の方が充実していきそう。

提供するレーベルやプロダクションの数は、「LINE MUSIC」の方が多くより幅広いアーティストに対応。

料金プラン

サービス名 AWA LINE MUSIC
料金プラン Lite Plan:月額360円(予定)
プレイリスト視聴とラジオ視聴が可能
Premium Plan:月額1,080円(予定)
Lite Planの機能のほか、オンデマンド視聴、プレイリスト作成/公開が可能
ベーシックプラン:月額500円(学生300円)
30日間、20時間まで視聴可能
プレミアムプラン:月額1,080円(学生600円)
30日間、時間無制限で聴き放題
無料期間 サービス利用開始から3カ月間 6月11日から8月9日まで
非課金の場合 制限時間付きで利用可能 楽曲再生は30秒までなど一部機能を制限

 

AWAでは、月額360円(予定)の「Lite Plan」、

月額1,080円(予定)の「Premium Plan」、LINE MUSICは月額500円の「ベーシックプラン」、月額1,080円の「プレミアムプラン」と、

どちらのサービスも2種類の有料プランを用意。

LINE MUSICには、学割が存在し、学生であればよりおトクに利用できる。

 

サービス内容では、月額1,080円のプランが、どちらもフル機能を利用できる点は同じ。

安価なプランは、若干仕様が異なり、AWAではプレイリストの作成ができないなど、機能を一部制限する代わりに時間制限などはない。

一方LINE MUSICではフル機能が利用できるが、楽曲は30日間で20時間までという時間制限が設けてある。

 

AWAの「Lite Plan」では、オンデマンド視聴(楽曲を検索して再生)に対応しておらず、任意のプレイリストが作成できない。

既存のプレイリストの視聴に限られる点は注意。

6,000以上のプレイリストが既に用意されており、お気に入りのものを見つけられれば、あまり気にする点ではない。

 

LINE MUSICの「ベーシックプラン」は、「Lite Plan」と比べ割高だが、フル機能が利用できる。

20時間という制限があるが、単純計算で1日40分まで音楽が楽しめる。

40分という時間は人によって評価が分かれるところ。

 

両サービスとも有料プランを契約しなくても一応サービスの利用は可能。

AWAの場合「制限時間付き」で利用できるとしているが、実際何分まで利用できるかなど詳細はアナウンスされていない。

LINE MUSICは、1曲の再生時間が30秒まで、機能も一部制限と、あくまで“定額制”サービスとして打ち出したいという思惑がある。

どちらも現在は無料でフルサービスを利用できるが、LINE MUSICはいつ始めても8月9日までなのに対し、

AWAはサービスの利用開始時点から3カ月間お試しできる。

プレイリストが強いAWA

AWAは、「プレイリスト」が目玉機能となっている。

ユーザーが自分で複数の曲からなるプレイリストを作成し公開できる。

プレイリストには、タイトルや、説明文のほか、「Happy」、「Relax」、「Love」などのジャンルを設定可能で、

プレイリストを検索する際にユーザーは自分の聴きたいジャンルを簡単に探せる。

 

プレイリストは、一般ユーザーが作成したものだけでなく、アーティストや音楽プロデューサーによるものも多数公開されており、

プロが選ぶ楽曲を手軽に楽しめるのも大きな売りになっている。

そのほか、独自開発したというリコメンド機能により、ユーザーの再生履歴や行動から楽曲を提案してくれる。

LINE MUSIC

LINE MUSICの特徴的な機能といえば、やはり「LINE」との連携。

お気に入りの楽曲を1曲単位でスタンプのようにLINEの友人にシェアできるほか、作成したプレイリストのシェアも可能となっている。

「ちょっとこれ聴いてみて」と、気軽に友人に楽曲をおすすめできるのは、LINEならではの機能。

 

LINEの友人が聴いている曲をリスト表示する、「フレンズチョイス」機能も実装。友人の音楽嗜好がわかるのも、

「音楽サービス」ではなく、「コミュニケーション」として利用してほしいというのがLINEの意向。

まとめ

使い勝手についても、AWAのUIは、非常に洗練されていてオシャレだし、LINE MUSICのUIは、LINEに近く親しみやすい。

AWAでは、今後FacebookやTwitterなどでプレイリストをシェアできる「シェア機能」やオフライン環境でも楽曲が聴ける「オフライン再生モード」などの実装を予定。

LINE MUSICもアップデートによる機能追加をしていくはず。

せっかくどちらも無料でフル機能を試せるのだから、たくさん使ってどちらを利用するか見極めていくのがよさそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪