KDDI au 「Xperia Z4 SOV31」開封の儀。やっぱりZ3とは違った!

st_sov31upd-01
スポンサーリンク

6月10~12日に、ソニーモバイルの最新スマートフォン「Xperia Z4」が3キャリアから発売。

今回は6月10日にNTTドコモ、11日にKDDI、12日にソフトバンクモバイルからと、1日おきに3キャリアから発売。

 

今回は、au版の「Xperia Z4 SOV31」の開封の儀の模様(友人が購入した)、

実際の実物を見てのZ3との違いなどをレビューしていきます。

st_sov31upd-01

 

au版「Xperia Z4 SOV31」購入の儀

au版の「Xperia Z4 SOV31」で、カラーはホワイト。

11日に友人が都内の某量販店で機種変更、いずれのカラーも在庫は潤沢にある状態で、中でもホワイトがよく売れているらしい。

Xperia Z4 SOV31 おさらい

Xperia Z4 SOV31は、au向けXperiaとしては、初めてVoLTEに対応したモデル。

以前友人が使っていたau端末は、VoLTEに対応しない4G LTEスマートフォンだったので、VoLTE用に新しいSIMカードが発行される。

以前の機種もZ4と同じnanoSIMを採用していたが、新しいSIMを以前の機種に入れても通信できない。

 

木曜日の午前中ということもあって店内はガラガラ、ほぼ待つことなくなんと30分ほどで購入。

さっそく友人宅に戻り、箱に戻したXperia Z4 SOV31を再び、いや、改めて開封(笑)。

ちなみに、283はドコモ版を近々購入予定である。

 

Xperia Z4では、今までは同梱していた卓上ホルダが別売になったため、パッケージはよりコンパクトになっている。

同梱しているのはフルセグやワンセグの視聴に必要なTVアンテナケーブル、保証書、簡易マニュアル、設定ガイド、

利用にあたっての注意事項などの紙類。

 

端末を取り出すと、まず防水性能や強制終了の方法などが記載された「注意喚起シート」を剥がす。

この瞬間がけっこう盛り上がったりする。

剥がし終わっていざ使用開始!と思ったら、保護フィルム(の試供品)も貼られていた。

保護フィルムは不要なので、これも剥がす。

ようやくこれで使用する準備が整った。

Xperia Z3との比較

Xperia Z3から変わり映えしない、海外ではXperia Z3とか言われているXperia Z4。

実物を目の前にして、いざ購入して使い始めるとなると、その美しさにほれ直してしまった。

 

輝度の増したメタルフレームがイイ。

ホワイトのフレームはほどよく光沢感があって、ツルツルした質感もイイ!

そしてXperia Z3よりも滑りにくく、軽く薄くなっているので、持ち心地が向上している。

 

友人に借りて数十分だけ触った感想は「思ったより熱い」。

数分にわたってTwitterやFacebookを更新、ブラウジングをするだけで、背面がどんどん熱くなり、

「Battery Mix」アプリが計測する温度で40度近くまで上昇。

これは大丈夫なのか?

放熱性が気になるところではあるが、以上がXperia Z4 SOV31開封の儀、友人編でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪