Apple Watchに楽曲を同期・再生させる方法を解説!

スポンサーリンク

Apple Watchでは、Bluetoothヘッドフォンをペアリングすることで、音楽を楽しむことができる。

iPhoneに保存されている楽曲を、Apple Watch上でコントロールできるほか、Apple Watch本体に楽曲を保存し、

iPhoneいらずで聴くことも可能。

今回は、Apple Watchの「ミュージック」アプリの使い方について解説します。

watch-listen-music-hero

Apple WatchとBluetoothヘッドフォンをペアリング

Apple Watchで楽曲を再生するには、BluetoothヘッドフォンをApple Watchとペアリングしておく必要がある。

あらかじめヘッドフォンの電源を入れ、ペアリングモードにしておく。

ペアリングは、Apple Watchの「設定」アプリから「Bluetooth」をタップし、表示されるヘッドフォンの名前をタップすることで完了する。

 

ヘッドフォンをペアリングする前にApple Watchに入れた楽曲を再生しようとすると、メッセージが表示される。

ここで「設定」をタップしても、上述の手順で設定できる。

Apple Watchに楽曲を同期

Apple Watchに曲を入れる

Apple Watchに楽曲を保存すれば、iPhoneが近くになくても楽曲の再生が可能。

運動をするときなど、iPhoneを持たずにApple Watchだけを着けていても、好きな曲を楽しめるようになる。

 

Apple Watchには、iPhoneから曲を入れる。

このとき、同期できるプレイリストは1つだけなので注意。

iPhoneの「ミュージック」アプリから、Apple Watchに入れたい曲をすべて1つのプレイリストにまとめておくといい。

 

Apple Watchに保存できるデータの上限は、2GBもしくは250曲。

まずは、iPhoneの「Apple Watch」アプリから上限を設定しておく。

 

続いて、実際にApple Watchにプレイリストを保存していく。

前の画面に戻って、「同期済みプレイリスト」をタップし、保存したいプレイリストを選択する。

 

選択後すぐに同期が始まるわけではなく、Apple Watchが充電器にセットされていると、同期がスタートする。

Apple Watch内の楽曲を再生方法

Apple Watchに保存した楽曲を再生

同期が完了したら、Apple Watchの「ミュージック」アプリを起動する。

画面を強く押して「ソース」、「Apple Watch」とタップしていく。

 

「ソース」から「Apple Watch」を選択すると、先ほど同期した楽曲が表示される。

あとは任意の楽曲をタップすれば、ペアリングしたBluetoothヘッドフォンで音楽が楽しめる。

再生や一時停止といった基本的なコントロールについては、「ソース」(iPhoneか、Apple Watchか)を問わず、

グランスからも操作できる。

iPhoneの曲をApple Watchで聴く

Apple Watchをリモコンのように使って、iPhoneに入っている曲を再生することもできる。

再び画面を強く押し「ソース」から今度は「iPhone」を選択する。

 

アルバムや曲をタップして選択し、再生する。

注意したいのは、Apple Watchとペアリングしたヘッドフォンからは聞こえないということ。

「ソース」に「iPhone」を選択した場合は、iPhoneに接続しているヘッドフォンを使う。

iPhoneがAirPlay対応のスピーカーなどと接続している場合には、その切り替えもApple Watchからできる。

 

Apple Watchに保存した曲を再生し続けると、バッテリー残量は再生開始時に85%だったのが、1時間経つごとに75%、64%、53%と、

およそ10%ずつ減っていく。

Apple Watchで音楽を聴かない場合のバッテリー残量を考えると、長時間聴いていると、夜まではバッテリーがもたない。

状況に応じて楽しむのがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪