Apple iPhone 6sシリーズの噂をまとめ 新情報!フラッシュ付きの前面カメラ搭載などなど

622cd00e44a88d59c1ff4f796d23ce9d2
スポンサーリンク

WWDC直後ということもあり、iOS 9やOS X 10.11 El Capitanの情報が数多くリークされているが、

気になるのは、今秋リリースのiPhone 6sシリーズ。

新しい噂としてはフロントカメラ用にLEDフラッシュを搭載するという内容。

アジアを中心にセルフィー(自撮り)需要は高まっており、

iPhone 6シリーズの中国での爆売れを考えるとAppleがセルフィーの画質を高める改良をiPhoneに施すものわかる。

622cd00e44a88d59c1ff4f796d23ce9d2

4インチのiPhone 6cは見送り?

4インチのiPhoneとして噂されていたiPhone 6cは見送られるそうだ。

サプライチェーン側に4インチの量産計画がないのが根拠。

Appleのティム・クックCEOを自らがiPhone 6sの生産拡大に向けて準備するように台湾系サプライチェーンに要請した。

具体的には、フレキシブル基板(FPC)のZDT社、組立のペガトロン社、筐体のケーステック社。DIGITIMESリサーチのレポート。

フォックスコンがシャープ技術者を雇用?

経営再建中のシャープ(株)が3500人の希望退職者を募ったことを受けて、

iPhoneの組み立てで知られる台湾フォックスコン社のグループであるフォックスコン日本技研が、

退職した人材の採用を検討しているそうだ。

フォックスコン日本技研は、大阪市淀川区にある。

Apple A9チップの量産が始まる

Appleは台湾TSMC社にApple A9チップの量産にゴーサインが出たそうだ。

5月末の時点で、TSMCの歩留まりが韓国サムスン電子社を上回っており、これをAppleが評価したらしい。

TSMCでは16nm(ナノメートル)FinFET+プロセスで生産されており、規模は単月2万枚強。

Appleが車両を使った地図データの収集を正式に認める

Appleが「Apple Maps vehicles」というページを公開、米国や英国、

アイルランドで車両を使って地図データを収集していることを公表した。

これらのデータは将来の「マップ」アプリに搭載されるそうだ。

iPhone重要がひと息、台湾メーカーは売上減へ

iPhoneの組み立てで知られる台湾のフォックスコン社、ペガトロン社の営業収益(売上高)が前月比減となったそうだ。

フォックスコンは14.43%減で単月では2015年で2番目に低い数字、ペガトロンは9.6%減で2カ月連続。

台湾の筐体メーカーがiPhone 6s用を2割受注

台湾キャッチャー社がiPhone 6s用のケースの発注を受けた。

シェアは20%程度で、iPhone 6時の4~5%からかなり向上している。

これにより2015年7~9月期の営業収益見通しを上方修正したそうだ。

iPhone 6sシリーズはフロントカメラ用フラッシュを搭載

次期iPhoneはフロントカメラ用のフラッシュを搭載するほか、パノラマや1080p動画、スローモーション動画の撮影も可能になるそうだ。

iOS 9のシステムファイルに、これらの機能を思わせるコードが見つかった。

フォックスコンがインド工場を建設

かねてから情報が出ていた台湾フォックスコン社がインドに工場を建設する。

コストを押さえて競争力を向上させたいのはもちろん、中国での賃上げ圧力の影響を軽減する狙いもあるようだ。

インド工場は、iPhoneのほか、iPadなども製造されるそうだ。

台湾レンズメーカーもiPhone 6s向け部品を出荷

台湾ラーガン社がiPhone 6s用のカメラレンズを出荷したようだ。

同社が2015年6月10日に開催した株主総会で、7月の受注が6月を上回ると述べたことが根拠。

次期Apple Watchの液晶パネルもLG製

韓国LGディスプレイ社は初代Apple Watchに続いて次期Apple Watchの液晶パネルも独占的に供給するそうだ。

同社が供給しているのは、「P-OLED」(プラスチック有機発光ダイオード)というパネル。

台湾のiPhone用部品メーカーが米国の会社を買収

台湾パレード社は米サイプレス社からモバイルデバイス用コントロールIC、知的財産権の一部を約120億円(1億ドル)で買収するそうだ。

パレードは、高速A/Vデータ伝送装置用ICを供給しているメーカーだが、さらなる受注を狙っての買収のようだ。

OS X 10.11 El Capitanでは他社製SSDでもトリム機能を使える

OS X 10.11 El CapitanではSSDの高速アクセスと長寿命に寄与するトリム機能「trimforce」を他社製SSDでも使えるそうだ。

この機能はOS X Yosemite 10.10.4のベータ版にも搭載されていることから、Yosemiteのアップデートで登場する可能性もあり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪