ニフティ MVNOサービス「NifMo」データ繰り越しサービスを7月利用分から開始へ

nifmo
スポンサーリンク

ニフティのMVNOサービス「NifMo」が、使い切れなかったデータ通信量の翌月繰り越しサービスを7月利用分から開始。

8月からは、3G専用端末での利用も可能。

既存ユーザーには自動的に適用される。

nifmo

「NifMo」

データ繰り越しサービスでは、月間のデータ通信容量を使い切れなかった場合に、

その月に契約していたデータ通信容量を上限として翌月に繰り越すことができる。

翌月に通信容量のより少ないプランに変更したとしても、繰り越される容量が減るということはない。

繰り越した容量の利用期限は、繰り越した月の末日までとなり、翌々月以降に繰り越すことはできない。

3G専用端末対応

NTTドコモのネットワークでは、LTE用と、3G用のネットワーク接続設定を完全に分離している。

「Xi(LTE)専用」モバイルネット接続サービスのアクセスポイント名(APN)を、3G専用(FOMA)端末に設定しても、

データ通信ができないようになっている。

ドコモ回線を利用するMVNOも例外ではない。

NifMoでは、今までLTE用のAPNしか用意していなかったため、3G専用端末ではデータ通信ができなかった。

8月1日からは、3G専用APN設定をすることで、3G専用端末でもNifMoのデータ通信が利用できるようになる。

接続設定などの詳細は、同日にNifMoのサービスページで公表される予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪