「MADOSMA」製品説明会 PCメーカーがWindows Phoneを投入する訳を解析

002_2136x1964
スポンサーリンク

マウスコンピューターは6月17日、

翌日より出荷が始まるWindows Phone「MADOSMA Q501」(以下、MADOSMA)に関するプレス向け製品説明会を開催。

002_2136x1964

「MADOSMA」

MADOSMAはOSにWindows Phone 8.1 Updateを搭載した5型スマートフォン。

国内では約4年ぶりに市場へ投入されるWindows Phoneとあって注目度は高く、

同社のWeb直販では予約販売の時点で売り切れと再入荷を繰り返している。

 

マウスコンピューター初のスマートフォンである「MADOSMA」のブランド名は、

これまで同社が取り組んできた「人とPCを近づけていく」というスローガンを1歩進め、

「人とPCをもっと近づけるために、“窓”を通してインターネットにつながっていこう」という意味を込めて名付けた。

あくまで立ち位置はPCメーカーであり、AndroidではなくPCと親和性の高いWindows Phoneを選んだ。

国内のデバイス売り上げ予測

日本マイクロソフトによれば、2015年における国内のデバイス売り上げ予測は、

PCが1150万台でこのうち92%がWindowsを搭載。

一方、950万台の売り上げが予測されるタブレットはWindows搭載製品が20%とシェアは低く、

さらに3200万台の市場規模を持つスマートフォンにいたっては、(国内向けWindows Phoneがないこともあり)ほぼゼロの状態。

 

国内では7500万台のWindows搭載デバイスがすでに使用、

「これらのPCをいかにつなげていくかがユーザー体験を高めるうえでポイントになる」と小松社長は指摘。

Windows搭載PCとの親和性が高く、共通の環境で操作できるWindows Phoneこそ、

「PCをもっと身近にするためのキーデバイスになり得る」と述べ、「今後Windows Phoneのマーケットを創出していくためにも、

まずはとにかく動くハードウェアが必要だ」と製品投入の背景を説明。

Windows Phoneの特徴

まず1つは「最もパーソナルなスマートフォン」(小松氏)である点。

例えば、自分がよく使うアプリをスタート画面に大きく配置する、

ライブタイルでスタート画面から必要な情報をすぐに把握できるようにする、Peopleハブによってアドレス帳だけでなく、

FacebookやTwitterなどのSNSの情報も一元管理するなど、ユーザーの利用スタイルにあわせてカスタマイズできる領域が多い。

 

2つ目は「ビジネスに最適なスマートフォン」であること。

仕事で利用されるオフィス系アプリケーションとの連携が容易なほか、

多くの職場で導入されているWindows搭載PCと同じインフラが利用でき、企業内ネットワークに参加しやすい。

大企業で導入する際、セキュリティも含め管理者向けソリューションが幅広く用意されているのもメリット。

 

3つ目は、あらゆるデバイスで同じユーザー体験を提供し、Microsoftアカウント通じて個人のデータやサービス、

アプリケーションを共有できる点。

次期「Windows 10」が目指す“One Windows”の実現によってさらに加速していくものと思われる。

 

これらはいずれもWindows Phoneに共通する特徴だが、

マウスコンピューターの製品として“マウスらしさ”を出すために気を遣った部分もある。

 

まずは価格。同社のPCは豊富なBTOやコストパフォーマンス高さが特徴の1つだが、

MADOSMAも同様に「できるだけ求めやすい価格を目指した」と小松社長。

快適な動作を実現できる性能を満たすためにハードウェアスペックも重視したという(スペック詳細)。

 

液晶の保護フィルムが出荷時に貼られた状態になっており、購入してすぐに使い始められる点や、

16GバイトのMicro SDメモリーカードを標準で付属している点など細かい配慮もある。

サポート体制

24時間365日体制の電話サポートや埼玉サービスセンターでの即日修理に加え、

PCメーカーとしてWindowsの知識を持ったスタッフが対応するため問題解決への短縮化につながると小松氏は自信を見せる。

さらに今後は延長保証なども含む「安心パック」(後日発表予定)も用意していく。

国内生産の強みを生かして、オリジナルデザインのカスタムバックカバーを小ロットで提供する計画もある、

 

現行のMADOSMA Q501は、今後リリースされるWindows 10 Mobileへのアップグレードに対応するが、

プリインストールモデルとしての要件は満たしていない。

このため今後の開発計画として、Windows 10リリース後に投入するプリインストールモデルを後継製品として用意するほか、

5型サイズを上回るファブレットクラスのモデルも検討している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪