Windows Phone「MADOSMA」を購入する人へ チェックポイントと考察

スポンサーリンク

マウスコンピューターが、6月18日に初のスマートフォン「MADOSMA Q501を発売。

日本では約4年ぶりとなるWindows Phone、オンラインストアの初回予約が即日完売するなど、注目を集めている。

 

MADOSMA-Q501

 

MADOSMAはドコモの3GとLTEネットワークを利用できるSIMロックフリースマートフォン。

いわゆる「格安スマホ」のカテゴリーに属すると言っていい。

似たようなスペックを持つAndroidスマートフォンと比較して、MADOSMAはどうなのか?

これからMADOSMAを購入する人へ、チェックポイントと考察をまとめてみました。

価格

MADOSMAの価格は、マウスコンピューター 楽天市場では3万1297円(税別)。

3万円台前半のSIMロックフリースマホは、Androidではfreetelの「freetel XM」3万218円(税別)、

ZTEの「Blade Vec 4G」3万2184円(税別)、京セラの「S301」3万2184円(税別)などがあり、これらのモデルとスペックも近い。

 

5型HD液晶、クアッドコアCPU、1Gバイトメモリ、8Gバイトストレージ、800万画素カメラ、2300mAhバッテリーといったスペックを考えると、

バランスいいの価格を実現しているのではないか。

7~9万円ほどする大手キャリアの製品を比べても、安い。

大手キャリアが提供している毎月の割引はないが、それを差し引いても、3万円強という価格はリーズナブル。

スペック

MADOSMAはミッドレンジのスマートフォンであり、突出したスペックを実現しているわけではない。

大きくて高解像度なディスプレイ、高画素なカメラ、ハイパフォーマンスなCPU、大容量バッテリーなどを求める人にはおすすめしにくい。

 

17日の製品説明会で、小松永門社長は5~7型のファブレットの投入を予告、

少なくとももっと大画面のWindows Phoneが欲しいという人は、後継機を待つ方がいい。

同氏はWindows 10 Mobileをプリインストールしたスマートフォンの投入も予告。

今回のQ501もWindows 10 Mobileへのアップデートは予定している。

OS

小松氏は、Windows Phoneの魅力は「1.最もパーソナルなスマートフォン」「2.ビジネスに最適」「3.あらゆるデバイスで統一された環境を実現」の3つにあると説明。

 

1の「パーソナル」の大きな要素として、小松氏は、カスタマイズしてアプリや連絡先などを表示できる「スタート画面」、

そのスタート画面を常に最新の状態にアップデートできる「ライブタイル」、

FacebookやTwitter、Skypeなどの情報をまとめて表示する「Peopleハブ」などを挙げる。

2の「ビジネス」は、Microsoft Officeの搭載、Office365/Exchange/Outlookを標準サポート、

VPNや企業内Wi-Fiを使った企業ネットワークへの接続などを挙げる。

Windows Phoneの最も大きなメリットは、3の「あらゆるデバイスで統一された環境」にある。

例えばPC、タブレット、スマートフォン共通のインタフェース、Microsoftアカウントからメールや予定を一元管理できること、

Wi-FiパスワードやIEのお気に入り、テーマ色などの設定を同期できること、

スマホ/タブレット/PCのマルチデバイスで(一部)アプリを利用できることなどを小松氏は挙げる。

 

Windows PCやWindowsタブレットを使っている人ほど、こうしたメリットを受けることができる。

アプリ

MADOSMA固有の問題ではないが、iOSやAndroidでアクティブにアプリを使っている人がWindows Phoneに乗り換えると、

不満を覚えることが多い。

 

分かりやすいところでは対応アプリの数。

Windows Phone向けアプリは2014年8月に30万を超えたが、

登録数が140~150万といわれているGoogle PlayやApp Storeには遠く及ばない。

Twitter、Facebook、LINE、Amazon、Dropboxといった定番アプリはWindows Phone向けにも提供されているが、

例えば日米で1000万ダウンロードを突破したニュースアプリ「SmartNews」は提供されていない。

 

これまでWindows Phone 8/8.1搭載機が日本で発売されていなかったため、日本語対応アプリが充実していないという問題もある。

MADOSMAを開発するにあたって、小松氏も「細かいところが文字化けするなど、日本語化は最後まで苦労した」と話す。

 

Windows 10ではiOSやAndroidアプリの移植が可能になるが、移植の判断が開発者に委ねられることを考えると、

iOSやAndroidのメジャーアプリがWindows Phoneでどれほど利用可能になるかは未知数。

通信

MADOSMAは、ドコモ回線を使ったSIMで通信することを想定して作られている。

LTEの周波数はバンド21(1500MHz)には対応していないが、バンド1(2100MHz)、3(1800MHz)、19(800MHz)には対応。

これは「ZenFone 5」や「Ascend Mate7」など、多くのAndroid SIMロックフリー端末と同じ。

3G(W-CDMA)はバンド1(2100MHz)、8(900MHz)、19(800MHz※FOMAプラスエリア)をサポートしており、

通話をする上でも問題ない。

 

AndroidのSIMロックフリー端末は、MVNOとメーカーがパートナーシップを結んで、

SIMカードとスマートフォンをセット販売しているケースが多いが、MADOSMAは現状、端末単体での販売となっており、

SIMカードはユーザーが調達する必要がある。

マウスコンピューターによると、U-NEXTと提携して「U-mobile」のSIMカードとセット販売することを予定していると。

セット販売をするMVNOが増えれば、端末の認知度が上がるのはもちろんのこと、

「楽天モバイル」などセット販売の比率が高いところと組めば、端末の売上増も期待できる。

 

SIMを個別に用意するというのは、スマホ初心者にとってはハードルが高いので、

MADOSMA+SIMカードをセットで購入できる機会が増えることに期待。

サポート

大手キャリアが販売する製品は手厚いサポートが受けられるが、SIMロックフリースマホはMVNOやメーカーによって対応が異なる。

 

MADOSMAの場合、1年間の無償修理保証が付き、24時間、365日の電話サポートを受け付ける。

修理には即日対応し、修理・出荷状況、作業報告を確認できる。

10時~18時は、ユーザーの都合のいい時間帯に電話をしてくれる予約システムも用意。

「PCのサポートで培った経験でサポートを展開していく」と小松氏が話すように、サポート体制が充実しているのはうれしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪