ソフトバンク 大画面ながら無理なく操作できるサイズ感「AQUOS Xx」 レビュー

スポンサーリンク

ソフトバンクモバイルは6月26日、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS Xx」を発売。

2014年5月に発売した「AQUOS Xx 304SH」の後継機で、約5.7型のフルHDディスプレイを搭載する。

OSはAndroid 5.0で、CPUは2.0GHz+1.5GHzのオクタコアを採用。

通信方式は、国内では「SoftBank 4G LTE」(FD-LTE)と、「SoftBank 4G」(AXGP)の両方に対応し、

いずれもキャリアアグリゲーションにも対応する(FD-LTEエリアでは下り最大187.5Mbps、AXGPエリアでは下り最大165Mbps)。

K0000382057

 

「AQUOS Xx」

ソフトバンクのスマートフォンは型番も含めて機種名としてきたが、2014年秋以降に発売されたモデルから、

型番を機種名に含めなくなった。

ソフトバンクのロゴも原則として刻印されなくなった。

新型「AQUOS Xx」も例外ではなく、型番やソフトバンクロゴは記されていない。

5.5型相当のボディ 「EDGEST」デザイン

AQUOS Xxの最大の特徴は、3辺狭額縁デザイン「EDGEST」を採用することで、約5.7型の大画面ながら、

無理なく操作できるサイズ感を両立している。

AQUOS Xxの本体サイズは約79(幅)×146(高さ)×8.7(厚さ)ミリで、重さは約168グラム。5.5型画面を持つ「iPhone 6 Plus」が、

77.8(幅)×158.1(高さ)×7.1ミリ(厚さ)で、重さが約172グラムであることと比較すると、

AQUOS XxはiPhone 6 Plusよりも広い画面を搭載しつつ、横幅は同じくらいで、縦に短く、4グラムほど軽い、ということになる。

「画面サイズは5.7型だが、本体サイズは5.5型クラス」というのがAQUOS Xx、

 

ディスプレイには、従来の「PureLED(ピュアレッド)」を進化させた「S-PureLED(エスピュアレッド)」という技術を搭載。

新開発のバックライトとカラーフィルターを組み合わせたもので、従来から強みとしていた赤の表現力に加えて、青や緑も、

より鮮やかに表示されるようになった。

写真や映像を見るときはもちろん、カメラ使用時にも被写体が鮮やかに表示されて、使用感の向上にもつながっている印象。

「グリップマジック」

ボディの特徴。

前面には、ディスプレイの下に有効210万画素のインカメラがある。

左側面にはUSBコネクターを備え、キャップレス防水構造になっている。

右側面には、電源・ロックボタンと音量調節キーがある。本体上部には、

microSDとnanoSIMのスロットとイヤフォンジャックが、下部にスピーカーと通話用マイクがある。

 

両側面には「グリップマジック」用のセンサーも備えている。

グリップマジックは、にぎると画面がオンになったり、着信音量が小さくなったりするなど、

さりげなく使い勝手を高めてくれるシャープ独自の便利機能。

前モデルの「AQUOS Xx 304SH」では、金属フレームのためにグリップマジックに対応していなかったが、

新型AQUOS Xxでは、センサー部の素材を変えることで、金属フレームとグリップマジックの両立を実現し、

それがデザイン面でのアクセントにもなっている。

「GR certified」

背面には、有効1310万画素のメインカメラを搭載。

昨今のAQUOSスマートフォンは、カメラ性能の強化にも力を入れている。

リアルタイムHDRや、夜景+人物をバランスよく撮れる「NightCatch」など、昨今のトレンド機能はもれなく搭載しつつ、

今回は「スーパースロー映像」にも対応。

フルHDの解像度では120回/秒、フルワイドVGAでは210回/秒で撮影でき、撮影した映像をフレーム補完技術により、

フルHDでは1200フレーム/秒相当、フルワイドVGAでは2100フレーム/秒相当にして、

最大70倍のスーパースロー再生が可能となる仕組みとなっている。

肉眼では見えないほど細かい動きを再生できるので、いろいろな被写体を撮って再生すると、新鮮な発見があるかもしれない。

「エモパー」

ソフトバンク向けモデルでは「AQUOS CRYSTAL X」から搭載された「エモパー」も搭載。

利用シーンに応じて、スマホが話しかけてくれる(あるいは、画面にメッセージを表示)機能だが、

バージョンが「エモパー 2.0」へと進化し、ユーザーの好みを学習し、ユーザーに合った話題を選んで話しかけてくれるように進化した。

自宅では音声で、外出時には画面表示という設定だったが、新型AQUOS Xxでは、イヤフォンを装着していれば、

外出時にも声で話しかけてくれるようになった。

ホームアプリ

ホームアプリは、シャープ独自の「Feel Home」と「Google Nowランチャー」から選べる。

「Feel Home」はアプリの画面とウィジェットの画面を左右フリックで切り替える構成。

アプリの画面は縦スクロール操作で、編集の自由度も高い。

「Google Nowランチャー」はAndroid 5.0のベーシックなホームで、他メーカーのスマートフォンから機種変更した場合は、

後者のほうがスムーズに操作できる。

 

大画面ゆえに、本来は片手での操作には適していないが、「画面縮小モード」を使うと、片手でも操作できる状態に。

デフォルトでは、4型程度の画面サイズとなるが、大きさを調整することも可能。

iPhone 6 Plusには画面表示を引き下げて、片手で操作しやすくする機能があるが、画面の横幅を狭くすることはできない。

「大画面ながら片手で操作できる」ということも、AQUOS Xxのアドバンテージ。

 

従来モデルから搭載されている、画面にミニアプリを表示して、複数のアプリを同時に利用できる機能も健在。

画面が大きくなったので、従来以上に役立つ場面が多いはず。

 

新型AQUOS Xxは、VoLTEに対応し、防水、おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグにも対応。

最大128GBのmicroSDも装着できる、現時点での「全部入り」と言っていい仕様。

今夏、NTTドコモからは「AQUOS ZETA SH-03G」、KDDI(au)からは「AQUOS SERIE SHV32」という兄弟機種が発売。

AQUOS Xxと共通する機能は多いが、ZETAの画面サイズは約5.5型で、SERIEは約5.0型と、画面の大きさでは、

AQUOS Xxがリードしている。

画面の大きさを優先し、なおかつ安心感を得たい人にとっては、今夏の良い選択肢となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪