マルチキャリアMVNOサービス「mineo」の特徴

mineo_ogp_v2
スポンサーリンク

ケイ・オプティコムが提供するMVNOサービス「mineo」に、9月よりNTTドコモ回線に対応したプランが追加される。

mineoといえば、KDDI(au)回線に対応するMVNOサービスとして知られているが、

新たにドコモ回線プランが提供されることで、ユーザーはau回線プランとドコモ回線プランを選択できるようになるのだ。

同サービスではドコモ回線プランの提供に合わせて、パケットを家族とシェアできる「パケットシェア」を拡充するほか、

パケットを友人ともシェアできる「パケットギフト」も提供予定。

さらに、7月からは最低利用期間と解約精算金の撤廃も行われる。

日本初の”マルチキャリア”MVNOサービスとなるmineoの特徴を解析します。

mineo_ogp_v2

au回線とドコモ回線を選べるマルチキャリアMVNOサービス

 

MVNOサービスは”格安SIM”とも呼ばれ人気を集めているが、簡単に説明すれば、

MVNO(仮想移動体通信事業者)が大手キャリアの回線を利用して提供する通信サービス。

様々なMVNOサービスが登場しているが、大多数はドコモ回線を利用したサービスであり、

au回線を利用するMVNOサービスは「mineo」と「UQ mobile」のみとなる。

mineoでは、これまでau 4G LTE回線に対応するSIMカードを提供してきたが、9月よりドコモのLTE・3G回線に対応するSIMカードの提供を開始する。

これにより、ユーザーはau回線に対応するプランと、ドコモ回線に対応するプランのいずれかを選択可能になる。

現在同サービスのau回線プランを利用しているユーザーも対象となり、安価な手数料でドコモ回線プランに変更可能とすることが検討されている。

2つのキャリアの回線を選べるメリットとしては、端末の選択肢が広がることが挙げられる。

たとえば、ドコモの中古スマートフォンでは、基本的にau回線のSIMカードは利用できないが、

ドコモ回線のSIMカードであれば、SIMロックを解除することなく利用可能。

自身が利用するエリアにおいて、通信速度やつながりやすさがより快適な回線を選べるといったメリットもある。

家族・友人とパケットをシェア

同サービスでは、家族間で余ったパケットをシェアできる「パケットシェア」を提供しているが、

ドコモ回線プランの提供に合わせて機能を拡充。

マルチキャリアに対応し、ドコモ回線プランとau回線プランのユーザー同士でもパケットをシェアできるようになる。

家族でなくても友人同士などでパケットを送り合える「パケットギフト」も導入される予定で、同機能もマルチキャリア対応となる。

 

MVNOサービスは料金の安さが魅力なだけに、必要最低限のデータ容量のプランを選択している人も多い。

データ通信を使い過ぎてしまった月には、パケットが不足することも考えられる。

そのような場合に、パケットシェアやパケットギフトを活用することで、

前月の繰越分も含めてパケットに余裕のあるユーザーからパケットを融通してもらうことが可能になる。

 

パケットのシェアやギフトといった機能は、大手キャリアや一部のMVNOも導入しているが、基本的には家族を対象としたもので、

友人同士でパケットを分け合えるという機能は例がない。

mineoでは、ドコモ回線とau回線を選べるという利便性も加わり、友人や恋人と一緒に加入して、

パケットを融通し合うといったケースも増えそう。

無料で解約が可能に

mineoでは7月より最低利用期間を撤廃。

これまでは利用開始月翌月から12カ月間の最低利用期間が設けられており、

期間内の解約には9,500円の解約精算金が必要となっていた。

7月以降の契約分については、この最低利用期間が撤廃され、無料で解約が可能になる。

 

ただし、12カ月以内にMNPで他社へ転出する際には、MNP転出手数料11,500円が発生する。

大手キャリアなどでは、MNP転入に対する優遇キャンペーンを展開しているため、

低料金のMVNOサービスはMNP転入の”踏み台”として使用される可能性がある。

MNP転出手数料は、そのような使用を防ぐための対策だと思われるが、

短期間でMNP転出するつもりのないユーザーにとっては特に問題はないだろう。

むしろ、無料で回線を廃止できるメリットのほうが大きい。

たとえば、キャリアのスマートフォンからmineoへの移行を検討している場合、

MNPでいきなり乗り換えるのは少々勇気がいるかもしれない。

そこで、メイン回線を残したまま、新設でmineoに契約して試すといったやり方が考えられる。

使い勝手に問題がないことが確認できたら、お試しの回線を廃止して、メイン回線でmineoにMNPで乗り換えればよい。

この場合、契約事務手数料3,000円が二重で必要になるものの、使い勝手を確認した上でmineoに移行できることがメリットとなる。

初期費用無料でmineoを試せる1周年記念キャンペーン

同サービスは現在、mineoを初期費用無料で試せる「1周年記念キャンペーン」を実施中。

同キャンペーンは、6月末までにmineoに契約しているユーザー全員を対象に、

契約事務手数料無料で申し込みができる”エントリーコード”を5口プレゼントする。

“エントリーコード”は家族や友人にあげて同サービスを紹介できるほか、自分で使うことも可能。

ドコモ回線プランとau回線プランのどちらの申し込みにも利用でき、

契約すると紹介者と申込者の双方に1GBのパケットがプレゼントされる。”エントリーコード”の有効期間は2015年12月末まで。

 

7月からは最低利用期間が撤廃されるため、この”エントリーコード”を使えば、初期費用も解約精算金も不要で、

月額料金の負担のみで同サービスを利用可能。

現在のau回線プランのユーザーがドコモ回線プランを試したいときにも適しているほか、

プレゼントされた1GBのパケットをシェアしたあとですぐに解約するといった使い方もできる。

 

同キャンペーンでは、Amazonギフト券3,000円分が抽選で1000名にプレゼントされるほか、

「大阪マラソン2015」の出走権が5名にプレゼントされる。

 

現在のau回線に加えて、ドコモ回線にも対応するマルチキャリアMVNOサービス「mineo」の特徴を紹介してきた。

同サービスでは、9月よりau回線プランとドコモ回線プランを選択することが可能になるほか、

回線を問わず家族・友人とパケットをシェアできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪