KDDI au 株主総会 今後の動向と注目の質疑応答・まとめ

au by KDDI [XVÏ‚Ý]
スポンサーリンク

6月第3週に、相次いで開催されたキャリア各社の株主総会。

各社の業績や、来期以降に向けた取り組みが改めて披露。

株を持つというのは、各社の経営に一定の関与をしていること。

当然、第3者であるメディアや、一般のユーザーとは異なる観点からの質問も出てくる。

こうした質問の数々に、経営陣がどのように答えるのかも株主総会の見どころのひとつ。

株主総会で各社が示した方向性や、ユーザーにも関心の高そうなトピックをまとめてみた。

au-by-KDDI-Logo-246x200

堅実なKDDI、マルチデバイス、マルチユースを促進

過去最高益を更新し、契約者数、ARPUも順調に伸ばしているKDDI。

2015年もその方針を継続していく。

代表取締役社長 田中孝司氏によると、「今は2013年度から始めた中期の成長戦略の最終年度になっている」といい、

2015年度も営業利益の2桁成長をもくろむ。

また、「新たな成長ステージに向けた取り組み」として、マルチデバイス、マルチユースを促進。

タブレットの強化や、auショップでイーコマースの利用を促す「au WALLET Market」を紹介。

3M戦略

株主からの質問に対し、その先として田中氏が語ったのが、3M戦略の深化。

3M戦略とは、田中氏が社長就任のとき以来掲げ続けてきた戦略で、

「マルチデバイス」「マルチネットワーク」「マルチユース」の頭文字を取ったもの。

具体的には、さまざまなネットワークにつながる端末の複数台の利用を推進しつつ、利用方法も多様化していくような世界観を指す。

田中氏によると、LTEにとどまらず、WiMAX 2+やWi-Fiの環境も整備してきたことで、

マルチネットワークについてはある程度の普及が実現。

一方で、「マルチデバイスやマルチユースは、まだまだ今後伸びていく」という。

 

「例えば端末も、過去はスマートフォンのシフトが業績をドライブしていたが、スマートフォンだけかというと、

足元ではタブレットが急激に伸びている。

ルーターもけっこう伸びてきた。こうしたことで、マルチデバイスはまだまだ伸ばしていける。

マルチユースは金融事業、物販事業を基本に、今のauのお客様をベース、新たな事業をご提案すること。

これでARPUのアップを図っていきたい。詳細については、来年度(2016年度)の今ごろ発表させていただく」と。

SIMロック解除の影響、au WALLETの収益

株主からは出た質問は比較的地に足の着いたものだったが、

ほかにも、ネットワークの強化方針やSIMロック解除の影響、au WALLETの収益などが尋ねられた。

ネットワークについては、取締役執行役員常務 内田義昭氏が回答。

「LTEとWiMAX 2+を十分に活用して、品質を上げていきたい」としながら、具体像も明かした。内田氏によると、「新たな電波として、

700MHz帯も今年度(2015年度)から基地局を立ち上げつつある」と。

これに加えて、3.5GHz帯も「来年度以降増えていく」とのこと。

 

SIMロック解除に関しては、田中氏が180日間ロック解除できない期間があることを説明し、

「まだまだ影響が出てくるのに時間がかかる」と語った。一方で、SIMロック解除が可能になれば、端末の割賦を支払い終わったあと、

auからau以外のネットワークを使うMVNOへ転出しやすくなる。

これについて田中氏は「我々としては、ネットワークにおいても差別化ができている。

サポートによって、MNOの方がいいというお客様のご理解が得られるよう、がんばっていきたい」と意気込みを語った。

 

「MVNOに流れる可能性はなきにしもあらず」(田中氏)。

ここに対しては、「子会社のKDDIバリューイネイブラーも立ち上げた。影響が出るのには少し時間がかかるが、

ご心配のないように準備をしていきたい」とした。

MNOとしての魅力を高めつつ、MVNOでもau回線を選んでもらえるように立ち上げたのがKDDIバリューイネイブラーだと。

 

au WALLETは「足元は1200万(加入)で、急激に伸びている」(田中氏)としながらも、

代表取締役執行役員副社長の両角寛文氏は「1000万枚は達成しているが、まだ赤字というのが実績」だと語る。

プラスチックカードの発行コストや、郵送代などの先行投資が173億円あり、これをまだ回収できていないという。

ただし、流通総額は着実に伸びており、明るい兆しも見える。両角氏も「決済手数料を伸ばし、黒字化を図りたい」と目標を語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪