iPhone 6に付属の電源アダプタは充電が遅い!?充電性能をフルに発揮していないのが原因 解説

スポンサーリンク
hkdirectstore_apple-original-12w

iPhone 6に付属の電源アダプタ(USB充電器)

iPhone 6に付属の電源アダプタ(USB充電器)は、iPhone 5/5sと同じく出力が1A(アンペア)。

しかし、実際のところiPhone 6は最大で1.4Aの入力に対応、

電圧が同じ5Vの場合は1.4A対応の電源アダプタのほうが高速に充電できるということになる。

付属の電源アダプタは5W(5V/1A)ですが、市販の製品のなかにはより高出力なものもある。

たとえば、Appleが販売している「Apple 12W USB電源アダプタ」は、電圧が最大5.2V、電流が最大2.4Aだから、

最大で12.48Wもの出力が可能ということになる。

 

iPhone 6の最大入力は1.4A、それ以上の電流を抑制する機構が搭載されているため、使用は問題ない。

正式に対応をうたうかどうかは製品次第だが、「Apple 12W USB電源アダプタ」の対応モデルにはiPhone 6が記載されているから、

より確実といえる。

 

つまり、iPhone 6に付属の電源アダプタは充電が「遅い」というより、充電性能をフルに発揮していない、

というほうが実態に即している。

少しでも短い時間で充電を終えたければ、高出力タイプの電源アダプタを利用したほうがいい。

 

ところで、iPhone 6 Plusの最大入力は2Aと、iPhone 6を上回る。

付属の電源アダプタの出力(1A)との差は大きく、より大出力の電源アダプタにを使えばiPhone 6より効果ははっきり現れる。

iPhone 6 Plusユーザこそ、大出力の電源アダプタへの乗り換えを急ぐべきかもしれない。

 

電圧が最大5.2V、電流が最大2.4Aに対応する「Apple 12W USB電源アダプタ」を使用すれば、

付属の電源アダプタよりも短い時間で充電が完了する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪