Apple Watchの電話機能の使い方を解説 

スポンサーリンク
a011fe3b-246x200

Apple Watchで電話に出るには?

ペアリングしているiPhoneに電話がかかってくると、Apple Watchの画面に通知が表示され、手首に振動も感じる。

iPhoneがバッグなどに入っていても着信に気づきやすくて便利。

ここでは、Apple Watchで電話に出たり、テキストメッセージを返したりする方法を紹介。

なお、今回はソフトバンク契約のiPhoneとペアリングしたApple Watchを使用。

電話がかかってきたら

iPhoneに電話がかかってくると、Apple Watchの画面に発信元の名前と、赤と緑のボタンが表示される。

Apple Watchで電話に出るなら緑のボタンをタップ。

すると、Apple Watchのスピーカーとマイクで通話をすることができる。

マイクとスピーカーは、デジタルクラウンの反対の側面にある。

電話に出られない状況なら、赤いボタンをタップ。発信者側は留守番電話サービスに転送される。

 

会議中や電車の中など、着信音が鳴り続けると困る場面も。

そんなときはApple Watchを手で覆う。

画面全体に手のひらを軽く当てて、少し待つ感じ。

するとApple WatchもiPhoneも鳴り止む。

ただし着信が切れたわけではなく、Apple WatchでもiPhoneでも電話に出ることができる。

この操作をすると、このときだけ音が消えるのではなく、Apple Watchが消音モードになる。

必要に応じて、あとからグランス(文字盤が表示されているときに、下から上へスワイプすると表示される画面)でモードを切り替えよう。

 

手で覆う操作をしても消音にならない場合は、設定を確認してみる。

iPhoneの「Apple Watch」アプリの「サウンドと振動」で、「カバーして消音」をオンにする。

出られないときはメッセージの送信が可能

Apple Watchで電話に出られないとき

着信の画面でデジタルクラウンを回してスクロールすると、Apple Watchでは電話には出ずに、

メッセージを送ったりiPhoneで出たりすることができる。

 

「iPhoneで応答」をタップすると、電話に出た上で通話が保留となり、iPhoneで応答して話す。

「メッセージを送信」をタップすると、メッセージを作成する画面になる。

ただし、固定電話からかけてきた人に対しては、メッセージを送る操作はできるが、実際には送信されない。

エラーメッセージが返ってくる。

 

着信に気づかなかったなど電話に出られなかった場合は、通知がApple Watchに表示される。

通知から電話をかけ直したり、かけてきた人にメッセージを送信したりすることができる。

iPhoneへの引き継ぎも可能

Apple Watchでの通話中にできる操作

Apple Watchで通話しているときにスピーカーの音量を調整するには、デジタルクラウンを回すか、画面上の「+」や「-」をタップする。

マイクのアイコンをタップすると、こちらの音が相手に聞こえなくなるミュートになる。

 

話が長引きそうなときや、Apple Watchのスピーカーでは先方の声が聞きづらい場合などは、iPhoneに通話を引き継ぐとよい。

iPhoneのロック画面を表示すると左下に電話のアイコンがあるので、上ヘスワイプする。

 

反対に、iPhoneでの通話をApple Watchに引き継ぐことはできないが、

iPhoneで通話しているときにApple Watchの「電話」アプリを起動すると、電話を切ることはできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪