Apple WatchのSiriでできることを解説  iPhoneに比べ機能の制限が!?

スポンサーリンク

キーボードがなく、画面をタッチしてできることも限られているApple Watch。

Siriを使い慣れてくると、画面をタッチするよりも早く操作できたり、画面をタッチするのではできない操作ができたりする。

ただしiPhoneのSiriと比べると限界もある。

Apple WatchとiPhoneを使い分けたり、組み合わせて使ったりするといいでしょう。

Apple WatchのSiriでできることとできないことを解説します。

apple-watch-hey-siri

Apple WatchのSiriの呼び出し

デジタルクラウンを長く押すか、Apple Watchがスリープしていないときに「Hey Siri」と呼びかけると、Siriが起動。

「Hey Siri」と呼びかけるのは確かに気恥ずかしいが、試してみると、意外に便利。

「Hey Siri」の機能は、Apple Watchの「設定」アプリからオン/オフできる。

 

iPhoneと連動しているため、iPhoneの設定に左右される機能がある。

たとえば、iPhoneでSiriに位置情報サービスへのアクセスを許可していないと、お店を探すなどの機能が使えない。

この場合は、iPhoneの「設定」アプリから「プライバシー」、「位置情報サービス」とタップしていき「Siriと音声入力」を許可する。

Siriではこんなことができる

Siriで何ができて、どう話しかければいいのか。実は充実したヘルプがある。

Apple WatchでもiPhoneでも、Siriを起動し、「何ができるの?」、あるいは「どんなことができますか?」と話しかけてみよう。

まず「アラーム」「リマインダー」などの項目が表示され、項目をタップすると話しかけるコマンドを見ることができる。

 

Apple Watchでカレンダーアプリを開いても、予定を新規作成するボタンなどはない。

リマインダーは、そもそもApple Watch用アプリがない。

しかしSiriを使えば、カレンダーの予定やリマインダーを作成することができる。

Apple WatchのSiriは若干機能に制限がある

Apple WatchのSiriでどこまでできる!?

Apple WatchとiPhone、それぞれのSiriで何ができるかは、デバイスにどんなアプリが入っていて何ができるかに左右される。

同じコマンドが使えるとしても、結果が異なる場合がある。

 

iPhoneには「iTunes Store」アプリがあるが、Apple Watchにはない。

そのため「コメディー映画を検索」と話しかけると、結果が異なる。

iPhoneでは検索結果が表示された上でiTunes Storeへのリンクが表示されるが、Apple Watchでは作品紹介を見るところまで。

Apple WatchではSiriによるWeb検索は不可能

Apple Watchでは基本的に、Webを検索して結果を表示することはない。

スポーツのコマンドを使ったときの流れを例に紹介しよう。

残念ながらSiriは日本のプロ野球には対応していない。

そのため「次のスワローズの試合はいつ?」と話しかけると、iPhoneではこのフレーズでWebを検索した結果がSiriに表示される。

結果のいずれかをタップすると「Safari」に切り替わり、そのページが表示される。

 

同じコマンドをApple WatchのSiriに話しかけると、Handoffを使うようにと返事が返ってくる。

そこでiPhoneのロック画面を表示すると、左下にSafariのアイコンがあり、上ヘスワイプするとSafariが起動して検索が実行される。

 

Apple Watchで通常のWeb検索はできないのですが、画像検索はできる。

「ペンギンの画像を探す」というふうに話しかけると、結果が表示される。ただしこれ以上の操作はできない。

 

同じコマンドをiPhoneに話しかけた場合は、検索結果をタップすると画像が拡大表示される。

さらにその画像をタップするとSafariに切り替わって掲載されているWebページが表示される。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪