Andorid 5.0が使えるSIMフリー端末 1万円で買える!『エントリー~普及価格帯』編

スポンサーリンク

エントリー~普及価格帯

SIMフリーのAndroid端末には1万円から購入できるものもある。

LTEに非対応だったり、CPU処理能力やディスプレイ解像度も低いなど、価格なりの性能ではあるが、

2年くらい前のメインストリーム機種と同等の能力はある。

メモリが少ないのでアプリの切り替えはやや遅そうだが、例えば通話とウェブ閲覧、LINEができれば十分といった用途であれば、

このクラスがいい。

家族の中でもあまりスマートフォンに興味がない人に連絡用に持たせるにもちょうどいいクラス。

ZTE g01(Blade L3)

販売価格:1万円

a6155bc3f97a380b13a714cf27192b63-680x350

スペック

ディスプレイサイズ 5.0インチ
解像度 854×480ピクセル
CPU MT6582M クアッドコア-1.3GHz
ROM/RAM 8GB/1GB
カメラ画素 500万画素(メイン)/200万画素(インカメラ)
microSD対応の有無 有り(最大32GB)
防水・防塵 -/-
SIMサイズ 標準(デュアルSIM)
無線LAN IEEE 802.11b/g/n(2.4GHzのみ)
Bluetooth 3.0
LTE
3G W-CDMA 2100(B1)/800(B6)/800(B19)
その他の特徴
取扱いMVNO goo SIMseller(OCNモバイル関連)

 

ZTEの「Blade L3」ベースの端末。

「g01」と書いて「グーマルイチ」。

LTEに非対応で3Gのみだが、FOMA、FOMA+のエリアに対応するため、通話エリア自体は非常に広い。

「OCNモバイルONE」の音声通話SIMカードとセットで1万円のセットもある。

ガラケーからの乗り換えで、主に通話だけできれば十分、というユーザーにはちょうどいい価格帯。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪