Andorid 5.0が使えるSIMフリー端末 5万円以上の端末『ハイエンド端末』編

スポンサーリンク

販売価格が5万円以上の端末を「ハイエンド製品」と位置付け。

このクラスになると、iPhone 6やXperia Z4、Galaxy S6といった各社の最新フラッグシップモデルとも直接競合することになる。

ディスプレイ解像度もフルHD以上が標準となり、最新の機能がふんだんに盛り込まれている。

ヘビーユーザー向けの端末といえる。

Asus-ZenFone-2

ASUS ZenFone 2

販売価格:3万5,800円~5万800円

ARM系ではなく、インテルのAtom CPUを搭載した唯一のスマートフォン。

「性能怪獣」(パフォーマンスモンスター)の名にふさわしく、他社のフラッグシップモデルに匹敵するハイスペック端末。

ミドルクラスの価格のハイエンド端末という、かなりズルい存在。

現在の一番人気といっていい端末。

スペック

ディスプレイサイズ 5.5インチ
解像度 1920×1080ピクセル
CPU Intel Atom Z3580/3560 クアッドコア-2.3GHz/1.8GHz
ROM/RAM 64GB/4GB、32GB/2GB
カメラ画素 1300万画素(メイン)/500万画素(インカメラ)
microSD対応の有無 有り
防水・防塵 -/-
SIMサイズ マイクロSIM(デュアルスロット、片方はGSM専用)
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0+LE
LTE B1/B2/B3/1700/B4/B5/B6/B8/B9/B18/B19/B28
その他の特徴 NFC
取扱いMVNO NifMo、楽天モバイル

 

Nexus 6

販売価格:7万5,170円(32GB)/8万5,540円(64GB)

昨年11月に発売された、Google自身によるAndroidのリファレンス端末。

5.96インチと巨大なディスプレイに、非接触充電(Qi)やNFC、光学手ぶれ補正付きカメラなど、

当時のほぼフルスペックが搭載されている。

SDカードスロットがないため、ストレージを拡張できないのが難点だが、

最新のOSアップデートが保証されるという点でこれ以上の端末は存在しない。

Android Mが今から気になる人なら、迷わずこれ。

スペック

ディスプレイサイズ 5.96インチ
解像度 2560×1440ピクセル
CPU Snapdragon 805 クアッドコア-2.7GHz
ROM/RAM 32GB(64GB)/3GB
カメラ画素 1300万画素(メイン)/200万画素(インカメラ)
microSD対応の有無 無し
防水・防塵 -/-
SIMサイズ nanoSIM
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac(2×2 MIMO)
Bluetooth 4.1
LTE B1/B3/B5/B7/B8/B9/B19/B20/B28/B41
3G B1/B2/B4/B5/B6/B8/B9/B19
その他の特徴 Qi、NFC
取扱いMVNO Y!mobile、Google

 

LUMIX DMC-CM1

市場推定価格:12万円前後(オープンプライス)

扱いとしてはコンパクトデジタルカメラだが、SIMカードを挿してAndroid端末としても利用できる異色の端末。

撮像素子は1型と非常に大型で、単焦点(焦点距離は28mm相当)のライカDCエルマリートレンズを搭載するなど、

カメラとしての性能はスマートフォン随一(スマートフォンに数えてよければ、だが)。

OSは標準でAndroid 4.4だが、Lollipopへのアップグレードがすでに用意されている。

今回紹介する中で最も効果だが、カメラ以外の性能は平凡。

2000台限定発売なので、高級コンデジがほしくて、誰も持っていない端末がほしいという人にはうってつけの機種。

スペック

* ディスプレイサイズ 4.7型
解像度 1920×1080ドット
CPU Snapdragon 801 クアッドコア-2.3GHz
ROM/RAM 16GB/2GB
カメラ画素 2010万画素(メイン)/107万画素(インカメラ)
microSD対応の有無 有り
防水・防塵 -/-
SIMサイズ マイクロSIM
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
LTE B1/B3/B4/B5/B7/B8/B20
3G B1/B4/B5/B8
その他の特徴 NFC
取扱いMVNO なし(主にカメラ量販店での店頭扱い)

ファーウェイ P8max

販売価格:5万9,980円

6.8インチという巨大なディスプレイと4色(RGBW)画素CMOSに光学手ぶれ補正までつけた高性能カメラを搭載するなど、

最新スペックをふんだんに盛り込んだフラッグシップ端末。

同社の最強端末だが、タブレットに匹敵する大きさに敬遠する人もいる。

なんでもアリのフルスペックだが、LTEの対応バンドにB19(800MHz帯)がないのが気がかり。

LTEの通信エリアは制限が大きい。

スペック

* ディスプレイサイズ 6.8インチ
解像度 1920×1080ピクセル
CPU Hisilicon Kirin 935 オクタコア-2.2GHz+1.5GHz
ROM/RAM 32GB/3GB
カメラ画素 1300万画素(メイン)/500万画素(インカメラ)
microSD対応の有無 有り(最大32GB)
防水・防塵 -/-
SIMサイズ マイクロSIM+nanoSIM(nanoSIMはmicroSDと共用、排他利用)
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0+LE
LTE B1/B3/B7(TDD)B38/B39/B40
3G B1/B6/B8/B19
その他の特徴
取扱いMVNO 楽天モバイル

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪