Android 動画再生を基準に端末を選ぶには!?疑問を解説します

Pensive person
スポンサーリンク

動画再生を基準に端末を選ぶには!?疑問を解説します。

ANDROID

スマートフォンの画面サイズは拡大傾向にあり、画素数も増えている。

Android端末についていえば、いまやフルHD解像度(1920×1080画素)のディスプレイを搭載した端末も珍しくない。

ふだんテレビで見ている映像をそのままの解像度で鑑賞できるわけですから、通勤電車の中でドラマや映画を楽しみたい、

という層にアピールするのも当然。自分の目で見て画質に納得できれば、それだけでも端末選びの基準になる。

しかし、機種選定のとき忘れがちなのが「バッテリーのもち」です。スマートフォンのバッテリーのもちを判断する場合、

内蔵バッテリーの容量(mAh)を見ることが一般的ですが、

ことスマートフォンはそれにくわえていくつかの項目をチェックする必要がある。

 

ひとつには、SoCに用意された動画再生支援機構の性能が挙げられます。

パソコンやスマートフォンで視聴される動画データは、ほぼ確実になんらかのフォーマットで圧縮(符合化/エンコード)されていますから、元に戻す(復号化/デコード)処理が必要になる。

その処理は汎用的な演算を行うプロセッサ(CPU)で完結することも可能だが、

多くのSoCはハードウェアレベルの再生支援機構を持つ。その性能の優劣が、バッテリーの消費ペースに大きく影響してくる。

動画再生支援機構の優劣は、SoCの型番から判断するか、スマートフォンのスペック表にある(かもしれない)動画の連続再生時間が参考になります。

対応フォーマットに「H.264」や「MPEG-2」の記載あったとしても、電力消費量の大小とは直接関係がありません。

 

動画再生時は点灯したままとなる液晶ディスプレイの省エネ性能。

スマートフォンのなかで液晶は屈指の電気食い部品ですから、省エネをうたう液晶を搭載した端末が有利なことは確か。

ただし、画像の更新頻度を減らせることが特徴のIGZOは動画再生ではそれほど省エネ効果がない(画面の一部でも動けば更新頻度は下がらない)、

ということもありますから、動画の連続再生時間を優先的に評価すべき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪