「光コラボレーションモデル」フレッツ光とU-NEXT光の料金プランを比較 17万円以上の違いが!

スポンサーリンク

NTT東日本・西日本の「光コラボレーションモデル」が2015年2月にスタート。

様々な光回線サービスが登場している。

光コラボとは、NTT東西が「フレッツ光」の光回線を卸売りし、他事業者が自社ブランドで光回線サービスを提供できるようにした方式のこと。

フレッツ光と同品質の光回線サービスを、割安な料金で利用できるのが特徴。

また、現在フレッツ光を利用している人であれば、転用という手続きにより回線工事不要で乗り換えられることも魅力。

 

現在フレッツ光を利用している人が光コラボに乗り換えた場合、月々の料金はどのくらい安くなるのか。

昨年2月にいち早く光コラボの提供を開始した光回線サービスの「U-NEXT光」を例に、

フレッツ光と光コラボの料金プランを比較。

1c6126b2ed9c6a8c8eba43819c41fbb2

戸建向けプランでフレッツ光とU-NEXT光を比較

光回線サービスには、大きく分けて戸建向けと集合住宅向けという2種類があるが、まずは戸建向けの料金プランについて、

フレッツ光と光コラボを比較。

「U-NEXT光」

光コラボの光回線サービスとして、U-NEXTが提供する「U-NEXT光」。

同サービスの戸建向けプラン「ファミリー1G」の月額料金は4,980円(税抜)で、

2年契約の「にねん割」を適用することで毎月780円(税抜)の割引になる。

同サービスでは、インターネットの接続に必要なインターネットサービスプロバイダ(以下、プロバイダ)を複数から選べるが、

同サービス独自のプロバイダ「U-Pa!」を選択することも可能。

U-Pa!の特徴は料金の安さで、「にねん割」適用後の利用料は月額780円(税抜)。

このプロバイダ利用料を加えた月々の合計料金は4,980円(税抜)となる。

フレッツ光

フレッツ光のプランについては、NTT東日本と西日本でも料金が異なっているが、

NTT東日本の戸建向けプラン「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ」を取り上げている。

月額料金は5,400円(税抜)で、2年契約の「にねん割」の適用により毎月700円(税抜)が割引される。

プロバイダ利用料は各社ごとに異なるが、主要プロバイダのOCN、BIGLOBE、So-netの場合、料金はそれぞれ月額1,100円(税抜)、

月額1,200円(税抜)、月額1,000円(税抜)。

フレッツ光の月々の合計料金は5,700円(税抜)から5,900円(税抜)ということになる。

 

戸建向けプランでは、U-NEXT光のほうがフレッツ光よりも、毎月700円(税抜)から900円(税抜)程度安くなる計算。

1カ月分の差額はわずかかもしれないが、2年間の累計では最大2万円以上の違いになる。

集合住宅向けプランでフレッツ光とU-NEXT光を比較

マンションやアパートなどの集合住宅向けプランについて、フレッツ光とU-NEXT光を比較。

U-NEXT光の集合住宅向けプラン「マンション1G」

U-NEXT光の集合住宅向けプラン「マンション1G」の月額料金は3,480円(税抜)で、「にねん割」により毎月300円(税抜)が割引される。

プロバイダでU-Pa!を選択した場合、集合住宅向けのプロバイダ利用料は月額730円(税抜)。月々の合計料金は3,910円(税抜)。

NTT東日本の「フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ ミニ」

NTT東日本の「フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ ミニ」の月額料金は4,050円(税抜)で、

「にねん割」により毎月100円(税抜)の割引となる。

主要プロバイダであるOCN、BIGLOBE、So-netの利用料は月額900円(税抜)で同一。

プロバイダ利用料を合わせた月々の合計料金は4,850円(税抜)となる。

 

集合住宅向けプランでは、U-NEXT光がフレッツ光よりも毎月940円(税抜)安いことがわかる。

戸建向けプランと同様に、2年間の累計では2万円以上の違いになるため、

通信費を節約したい人はフレッツ光からU-NEXT光への乗り換えを検討してみるといい。

光回線と格安SIMのセット割でさらにお得

光コラボでは、光回線とスマートフォンをセットで契約すると割引になる「セット割」が用意されることも特徴。

U-NEXTでは、光回線サービスの「U-NEXT光」に加え、格安SIMサービスの「U-mobile」も展開、

これらを組み合わせた「U-NEXT光&スマホ コラボレーション」というセット割を提供。

 

同社のセット割では、戸建向けまたは集合住宅向けの光回線を選択できるほか、

SIMカードも1回線から5回線までセットで契約して割引を受けられるなど、ラインナップが充実。

セット割で固定・携帯の料金がどのくらい安くなるのかを確認。

 

戸建に住む4人家族のケースで、U-NEXT光のセット割に乗り換えた場合と、

フレッツ光とキャリアのスマートフォンを使い続ける場合で料金をシミュレーション。

なお、キャリアのスマートフォン通信量は1人あたり月間5GB使用するものとして、料金はドコモのシェアプランをもとに算出。

「スーパーファミリーバリュー」

U-NEXT光のセット割のプランとしては、戸建向けの「スーパーファミリーバリュー」(SIM 4回線)を選択。

同プランは、U-mobileの音声SIMの「LTE使い放題プラン」(月額2,980円)(税抜)を組み合わせたもので、

4回線分の携帯料金は月額11,920円(税抜)。

固定料金はプロバイダ利用料を含めて月額4,980円(税抜)となり、セット割による3,120円(税抜)の割引を適用すると、

月々の合計料金は13,780円(税抜)となる。

 

フレッツ光とキャリアのスマートフォンの組み合わせでは、固定料金が月額5,700円(税抜)、携帯料金が月額29,500円(税抜)となり、

月々の合計料金は35,200円(税抜)。

U-NEXTのセット割に乗り換えれば、毎月2万円以上を節約することができ、2年間の累計では50万円以上を削減できる計算。

 

マンションに住む単身ユーザーのケースで、U-NEXT光のセット割への乗り換えをシミュレーション。

スマートフォンの通信量は月間5GB使用するものとして、キャリアのスマートフォン料金はドコモの新料金プランをもとに算出。

U-NEXT光のセット割

U-NEXT光のセット割では、携帯回線にU-mobileの音声SIMの「5GBプラン」(月額1,980円(税抜))を選択。

集合住宅向けの光回線が月額3,910円(税抜)で、セット割による200円(税抜)の割引を適用すると、月々の合計料金は5,690円(税抜)となる。

これに対し、フレッツ光とキャリアのスマートフォンの組み合わせでは、固定料金が月額4,850円(税抜)、携帯料金が月額8,000円(税抜)となり、

月々の合計料金は12,850円(税抜)となっている。

U-NEXTのセット割に乗り換えれば、固定・携帯の合計料金が半分以下になり、毎月7,000円(税抜)以上を節約することが可能。

2年間の累計では17万円以上の違いが出てくる。

 

フレッツ光とU-NEXT光の料金を比較してきたが、戸建向け、集合住宅向けのどちらのケースでも、

U-NEXT光の料金が安くなることが確認できた。

また、U-NEXT光と格安SIMのセット割も利用でき、家族ユーザーはもちろん、

単身ユーザーにとっても固定・携帯料金を大幅に節約できることがわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪