「ARROWS NX F-04G」 カメラを徹底検証&解析

スポンサーリンク

ARROWS X F-02E以来、超シンプルなカメラ撮影機能を貫いているARROWSシリーズのスマートフォン。

その最新作である「ARROWS NX F-04G」でも、例に漏れず超シンプルなカメラで、誰でもかんたんに高画質な写真が撮れる。

mv_02

2150万画素のメインカメラの画質をチェック

メインカメラのイメージセンサーは2150万画素。

レンズは広角な28ミリ相当で明るさはF2。2150万画素と、画素数が多めであること以外は極めて標準的なカメラ機能。

 

カメラ機能は、ホームアプリを「docomo LIVE UX」に設定している場合は、ロック画面左下にあるカメラボタンをタップするとすぐに起動できる。それ以外のホームアプリを設定している場合は、ロック画面をスワイプするとすぐに起動できる(要設定)。

 

起動したカメラ画面は極めてシンプル。緑の枠はAF枠。

 

画面をタップすればAFがそこに合う、カメラアイコンをタップすれば撮影される(長押ししても連写になったりはしない)。

露出補正なども特にない。

一部のカメラ好きやガジェット好きを除けばカメラの細かい撮影機能は使われてないわけで、カメラ任せでキレイに撮れれば一番問題ない.

 

F-04Gは、4:3の2150万画素のセンサーを搭載しているが、カメラ利用時は5種類から画像サイズを選べる。

フル画素を使う「20M最高画素」(5248×3936ピクセル)、フル画素のまま上下をトリミングして16:9にする「15Mワイド」(5248×2960ピクセル)、

4K動画サイズの16:9にする「8Mワイド」(3840×2140ピクセル)、モニタのサイズに合わせる「画面ぴったり」(2560×1440ピクセル)、

そして300万画素相当の「SNS」(2048×1536ピクセル。

SNS向き。8Mワイドサイズ以上なら問題はないレベル。

自撮り時は「虹彩認証用」カメラに注意!目線が!?

インカメラの位置。実は本体前面には2つのカメラがついている。

ひとつはF-04Gの大きなウリである「虹彩認証」用のカメラ。もうひとつが自分撮り用のカメラ。

 

虹彩認証用カメラのまわりに緑の枠(Whiteのみ銀の枠)が描いてあって、大きいから目立つ。

 

自撮りするとき、誰でも「虹彩認証用」カメラを見てしまう。当人はカメラをちゃんと見てたつもりなのに、目線がカメラを向いていない状態に。

F-04Gで自撮りする際は注意が必要。

静止画撮影以外の機能

F-04Gでは、静止画以外に、「連写」「動画」「パノラマ」「QRコード」のモードがある。QRコード以外のモードをチェック。

 

連写するときは「連写」、動画を撮るときは「動画」を選択する。

動画モードの画面中に静止画モードへの切り替えボタンがあるとか、静止画モードの画面中に動画の録画ボタンがあるとか、

ややこしいことはない。

 

連写モードにすると画像サイズが少し下がり、押している間連写をしてくれる。

 

動画も撮影サイズは5種類。

「4K動画」(3840×2140ピクセル)、「フルHD」(1920×1080ピクセル)、「HD」(1280×720ピクセル)に加えて、

「画面ぴったり」(2560×1440ピクセル)、「ケータイメール」(640×480ピクセル)が用意されている。

「画面ぴったり」以上のサイズにすると「手ブレ補正」が効かなくなる。また、動画の撮影時間にも制限がかかる。

4K動画は魅力的だけど、日常的に使うならフルHDにとどめておいた方がよい。

 

カメラ画面から再生に移行するには、画面の右端を左にフリックするとさっき撮った写真が現れる。

画面に直前に撮った写真のサムネイルを表示するのが一般的だが、F-04Gはちょっと違うので注意。

 

ARROWS NX F-04Gは、今回も「写りはよくて超シンプルなカメラ機能」を貫いてきた。

あれこれ機能をつけたくなる昨今、この姿勢はよい。

 

このシンプルさでこの写りはなかなか得がたく、高く評価してよい。

スマホで撮るときにISO感度がどうとか画像設定がどうとか気にしたくないもの。

撮るときはシンプルに。何かしたかったら撮影後にレタッチすればよい。

光学式手ブレ補正とか、インカメラの高画質化がなされればさらに良い。

インカメラと虹彩認証カメラが紛らわしいという罠が追加されたので要注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪