ソフトバンクがMVNO事業の推進を発表 パートナー企業にソフトバンクのモバイル回線を提供

icon_softbank11-200x200
スポンサーリンク

ソフトバンクモバイルは6月30日、100%子会社のSBパートナーズを介したMVNO事業の推進を発表。

SBパートナーズの社長には、ソフトバンクモバイル執行役員の寺尾洋幸氏が就任。

icon_softbank11-200x2001-200x200

SBパートナーズ

SBパートナーズはさまざまな分野のパートナー企業と協業を通じて、MVNO事業を推進していく。

自社ブランドでの格安SIMや格安スマホの提供は現時点で予定しておらず、他社のMVNO事業を支援するMVNEとして活動する。

またIoT分野での通信ニーズ拡大を視野に、通信事業者としてのノウハウやインフラを提供する。

 

SBパートナーズは7月1日から事業を開始。ソフトバンクモバイルは7月1日に社名をソフトバンクへと変更する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪